最近のトラックバック

NIHONBASHI BREWERY のランチ

大学時代の友人と、久しぶりにランチしました。

場所は、人形町のNIHONBASHI BREWERY。

P_20190616_112614

クラフトビールの専門店らしいけど、昼間はランチをやっています。

メインの料理に飲み放題食べ放題のスムージー、サラダが付いてきて1,500円。

しかも店員さんからおかわり持ってきてくれる椀子そば状態。


サラダは隠し味に(?)昆布が入っていて、塩味が効いていておいしかったです!

P_20190616_113211 


メインは、友人おすすめのラザニア。ふつうラザニアってトマトソースにひき肉を使うのが多いような気がしますが、ここのはクリームソースベースですね。野菜は日替わりだそうです。

P_20190616_114455



おいしい食事を楽しんだ後は、東京駅のステーションギャラリーで「ルート・ブリュック」展をみました。

ルート・ブリュック Rut Bryk, 1916−1999 はフィンランドのアーティストで、陶器やテキスタイルを使った作品を制作しました。同国を代表する陶器ブランド「アラビア」(「ムーミン」シリーズや「パラディッシ」(フルーツが黒の線で描かれているヤツ)シリーズが有名ですね。)の専属デザイナーとして、世界的に活躍した女性だそうです。

P_20190616_152946


初期のころは、シャガールを想起させるような幻想的な絵柄ですが、のちに抽象的なデザインに変わりました。

彼女の作品を網羅した作品は日本では今回が初めてだそうですが、最終日ということもあって、結構混んでいましたね。

彼女のデザインしたマグとかの復刻版とかあれば欲しかったな・・・。

 

 

マレーシアに行ってきました(8)クアラルンプールのホテル

クアラルンプールは、「え、こんな値段で泊まれるの?」っていうくらいホテルの料金がリーズナブルです。

 

私はスターウッドプリファードカード(SPGアメックス)を持っているのですが、

会員価格で泊まれる上に、空室状況によってはアップグレードしてもらえる特典があるので(スイートルームにアップグレードしてもらった人もいるようですね)、系列のホテルに泊まるようにしています。(高いけど・・・)


で、クアラルンプールでは、立地の良さと料金でウェスティンに泊まることにしました。

Dscf4157


日本人スタッフで西村さんという方がいらして、メールで事前に到着時間を訊いてくださったり、わざわざ部屋まで挨拶に来られたのにはびっくりしました。

クアラルンプールでは最近置き引きやスリなどの軽犯罪が多発していて、日本人が被害に遭っている。自分も4件くらい観光警察へ同行した、などの注意喚起をされました。

「ツーリストポリス(観光警察)」とは、旅行者向けの警察があるらしく、そういう被害届なんかをサクサク処理してくれるそうです。

被害に遭わないに越したことはないけど、いざというときはそんなことまで面倒見てくれるんだ~、とちょっと心強くなりましたね。

 

当日は満室だということでしたが、高層階のお部屋にアップグレードしてくれたようです。

Dscf4161

Dscf4160


1泊しかしなかったので、ホテルの他の施設は利用しなかったけど、スタッフはニコニコとフレンドリーで感じがよかったし、今度来ることがあったらは連泊したいな、と思いましたね。

 

 

 

 

マレーシアに行ってきました(7)~トイレ事情~

旅先で覚えておかなければならないただ一つの言葉、それは現地語の「トイレ」。

マレーシアでは、tandas(タンダス)と言います。

 

初めてのマレーシア、楽しかったんですが、最後まで慣れなかったのがトイレ事情。

まず、空港のトイレに入ったのですが、床が水浸し。

洋式、イスラム式問わず、便器の脇に細いホース(写真の左下)のようなものがある。

トイレットペーパーが備え付けていないところもある。

Dscf4024


どこに行ってもそうなのでネットで調べたら、

どうもマレーシアでは紙で拭く習慣がなくて、そのホースの水で洗い流すみたいなんですね。

だからどこも、トイレットペーパーがなくて、床は水浸しで・・・。

ティッシュ持ち歩いててよかったと心から思いましたよ。(持っていないときもあるから)

空港とかバスターミナルとか公共施設では、トイレの入口とかに備え付けてあるので、それを必要な分だけ取って個室に入るようです。


そしてこのほかに、イスラム式トイレの特徴としては、

・いわゆる「金かくし」がない。

・座るときはドアの方を向いて座る

(2番目の方は、後から知ったのですが、道理で使いにくいと思った・・・。)


クアラルンプールで泊まったのは、ウェスティンでしたが、洋式トイレでしたがそこでもホースがついていましたね。(さすがに床はびしょびしょではなかったのですが。)


ブツが飛び散っているんじゃないか、とか、感染症とかどうなのよ・・・とは思いますが、宗教上の理由があるんでしょうね。

この国でなんでウォシュレットが普及しないのか、理由がわからない。

 

事前に旅行記とか読みましたが、全然そんな話見たことなかったよ!と思ったので記事にしてみました。心の準備ができると思って・・・。

マレーシアに行ってきました(6)クアラルンプール飯

クアラルンプールで最新おしゃれスポット?といえば、ここ「THE row」。

モノレールのメダン・トゥアンク駅から徒歩1分ほど、古い建物をリノベーションしたイマドキなカフェやレストラン、ショップが入った複合施設です。

Dscf4175_1


その向かいにあるシェラトンのエステに用があったので、ついでに入ってみました。

2階のインテリア雑貨のお店「ペーター・ホー」


Dscf4177_1

入口を入ると、可愛らしい布で作られたランタンが。

Dscf4178_1


テキスタイルが激カワ!クッションが可愛いので買おうと思いましたが、カバーだけというのが売っていない・・・。

ベビー用ブランケットと布バックを購入しました。


Dscf4179_1  


エステが終わって、夕飯は何にしようかな~、と連なるお店の前をウロウロ。

お店の前にいた店員さんに声をかけられたここにしました。

こじゃれたフレンチ・ビストロで、プリフィックスのコースで120RM+税。(約5000円)

Dscf4180_1


前菜。

P_20190222_201506_1



メイン。牛肉料理。

P_20190222_202803_1



デザートの塩キャラメルアイスと何か。

P_20190222_204730

 

2OX :http://www.two-ox.com/food11.html


ちょっとね、お財布にやさしくないお店だったけど、たまの旅行ですもの。

ほかにも素敵なお店がいっぱいあったので、THE row、いつかまた訪れてみたいです。


ちなみに、利用したエステは、シェラトンインペリアルホテル内にある、マンダラスパの「マンダラマッサージ」。

2人がかりで全身揉みまくられる至福の時間です。

https://www.veltra.com/jp/asia/malaysia/kuala_lumpur/a/106791?utm_source=potato&utm_medium=mypage_Kuala_Lumpur_1-1&cid=mypage_Kuala_Lumpur_1-1

 

 

マレーシアに行ってきました(5)クアラルンプールの交通事情

ココログの記事を書くページの仕様が変わって、逆に使いにくくなりました。

写真も、せっかくきれいに撮れているのに、ピンボケになるし・・・。

どうにかならんかのう。



で、本題。

マラッカは1泊だけで、この日はもうクアラルンプールへ移動です。

GRABでタクシーを呼んで、バスターミナルへ。

バスの切符売り場。

Dscf4019


帰りのバス。

Dscf4126  


Dscf4127


前日に切符を買ったんですが、10時過ぎだというのにほとんどのカウンターが閉まっていて、

開いていたカウンターで買ったら、なんと10RM(約300円)。

空港からマラッカまで35RMだったのに、市内だと10RM?

まともなバスくるのかしら・・・と思っていましたが、行きのバスと変わらないものだったので

逆にびっくり。快適なバス旅でした。

 


途中、クアラルンプールの手前でちょっと渋滞に引っかかりましたが、長距離バスが発着するTBSバスターミナルに、2時間ほどで到着。

Dscf4128

ホテルのあるブキッ・ビンタンへ行くには、ここで電車に乗り換えます。

最寄りの駅は、バンダル・タシク・スラタン駅で、バスターミナルとは連絡通路で繋がっています。

Dscf4135


券売機。

画面に表示される駅名をタッチして、お金を入れるだけ。高額紙幣は使えません、

青いコイン型トークンが出てくるので、改札でタッチ。出るときは、コイン投入口に入れます。

Dscf4138


Dscf4137


Dscf4139




注意!

クアラルンプールには

●KTMコミューター(KTM Comuter) 

主にクアラルンプールと郊外を結ぶ路線。路線図だと青(1)、赤(2)のライン。

●LRT (Light Rail Transit System)

LRTはアンパン・ライン(3、黄)、スリ・プタリン・ライン(4、茶色)、クラナ・ジャヤ・ライン(5,ピンク)、の3路線。

Dscf4144


●KLモノレール(黄緑、8)
Dscf4152


●MRT地下鉄(緑、9)


の路線があり、

「ブキ・ビンタン」駅はモノレールと地下鉄の駅があります。

しかしモノレールの駅は、エア・アジア航空がネーミングライツを獲得していて

券売機でも「AIR ASIA」と表示されています。


それを知らなくて、

モノレールの駅が近いから、黄緑のラインを探したのですが、なくて、(緑色のライン)にあった駅名を見てそちらをタッチしてしまいました。

Hang Tur駅でモノレールに乗り換えて、Bukit Bintan 駅で降りて改札抜けようとしたら、

見事に引っかかった次第。(追加料金を払ってでましたけど。)

道理でエア・アジアの広告だらけだと思ったわ(笑)


クアラルンプール市内では、紫色の無料循環バス「GOKLバス」も走っています。



ブキ・ビンタンだと、セフォラの入っているスターヒルギャラリーの近くにバス停(バス停名はPAVILION)がありますよ。

なかでも、グリーンラインはペトロナス・ツイン・タワーへ行くので観光に便利です。


で、やってきました。

Dscf4164_1  


バスは、巨大ショッピングモール「スリアKLCC」の入口付近で止まるので、

入口を入ってそのまま直進し、グッチの店のある角を右に曲がるとチケット売り場の近くに出ます。

Dscf4168  


ところが、当日分のチケットが売り切れ、ということでタワーの展望台に行くことができませんでした~。

残念!翌日は帰国だし、次回に期待ということで。

予約必須ですね。


そんなわけで、クアラルンプールでは観光ひとつもせずに終わりました。

マレーシアに行ってきました(4)マラッカ観光

18世紀にオランダ統治時代に建てられたキリスト教会が中心にある、マラッカ観光の起点となる場所がオランダ広場です。
当初この壁の色は白く塗られていたのですが、後の時代にこのテラコッタピンクに塗り替えられたとか。
右恥の建物がスタダイス。オランダ統治時代の旧総督邸で、現在はマラッカの歴史博物館になっています。


Dscf4045

定番(?)の 「I LOVE MELAKA」

Dscf4046


マラッカ名物(?)の、自転車タクシー「トライショー」。デコトラならぬデコ自転車。ド派手なだけじゃなく、流行歌を大音量で流して走り回ります。
Dscf4050


セントフランシスザビエル教会

オランダ広場から5分ほどの場所にある、宣教師フランシスコ・ザビエルを讃えるために建てられた教会。何か縁の場所、というわけではないようだ。

Dscf4051

セントポール教会

スタダイスの階段を登ってさらに奥へ進んでいくと、セントポール教会があります。

地図だけじゃどこにあるのかわからなくてね~、まさか丘の上にあったとは・・・。

手前にザビエルの像があります。

Dscf4061

背中から


Dscf4062_1
16世紀のポルトガル統治時代に建てられたもので、屋根が朽ち果てた状態で壁だけが残っています。

Dscf4064_1


Dscf4065_1

丘の上にあるので景色は抜群。インスタ映えを狙ってか、窓の部分に腰かけて写真を撮る女子らがいましたね。


何、この鳥小屋みたいなの、と思ったら、ここに中国で客死した宣教師ザビエルの遺体が一時安置されていたとか。

Dscf4067

階段を下りると、16世紀にポルトガルによって建造されたサンチャゴ砦があります。
Dscf4070_1



リバークルーズ
マラッカ河を約45分で往復します。河沿いには、カラフルなウォールアート、途中ワニがいたり、モノレールが走っていたりと、飽きません。


Dscf4084


Dscf4079_1

Dscf4080_li_1
Dscf4081




本当は、マラッカ海峡の水上モスクに行って夕日を見る予定でしたが、あまりの暑さに疲れ果て、ホテルに戻り、そのままうたた寝してしまったら夜になっていました・・・。

マレーシアに行ってきました(3)~マラッカ飯~

ホテルにチェックインしてまずは昼食を、とあてもなく歩いていたら、レトロな雰囲気がオシャレなカフェを発見。
夜は生演奏でもするのか、舞台を設営していましたね。

Dscf4040



くり抜いたパイナップルの実の部分をチャーハンに混ぜた、狂気のパイナップルチャーハン。

Dscf4041


ドライチリとビーフのオイスターソース炒め。

Dscf4042



デザートに、マラッカ風のかき氷「センドル」

Dscf4043

具にコーンと金時豆・・・緑色の牛乳寒天みたいなのは、まるで何かの幼虫・・・
ちょっと衝撃的な組み合わせだったけど、おいしかったですよ。
Bistro Year 1673
https://www.facebook.com/BistroYear1673/



ガイドブックなどでよく紹介されている「オランウータンハウス」の向かいにあるアイスクリーム屋さん。
ここの外壁にはストリートアートが描かれていて、インスタ映えを狙う女子たちに大人気なんだとか。


Dscf4085



Dscf4088

ココナツアイスに、好きなものをトッピングして、約10RM(約300円)。私はライチにしました。

ココナツの殻を使った器がオシャレ。


Dscf4087



「オランウータンハウス」とは、マレーシアを代表するアーティスト、チャールズ・チャムさんのアトリエで、

壁面に大きくオランウータンが描かれていて、マラッカの名所の一つになっているようなお店です。


Dscf4089


チャムさんがイラストを描いたTシャツとかを売っているらしい。

マレーシアに行ってきました(2)~ホテル・プリ・マラッカ~

マラッカは、首都クアラルンプールから高速バスで2時間ほどのところにある世界遺産の街です。

古くから交易で栄えた街で、独自のプラナカン文化とヨーロッパの影響を受けた建物が混在しています。
ネットの旅行記や観光サイトを見てると、「日帰りでも行けるけど、どうせなら1泊することをお勧めします」って口コミが多かったし、
その中でも「ホテル・プリ・マラッカは昔のプラナカン様式の邸宅を改修したホテルで雰囲気が素敵」、またジョンカーストリートという目抜き通りに面していて観光に便利、ということだったので、そこに決めました。

ちなみに「プラナカン文化」とは、
中国などから交易のために東南アジアにやってきた男性と現地の女性の間に生まれた子供たちが、父方の故国と現地の要素を融合させ、さらにはヨーロッパの影響も受けつつ生まれた文化だそうです。

男性は「ババ」、女性は「ニョニャ」と呼ばれます。華やかな色柄の衣装や雑貨類は、胸がときめく可愛さです。


ホテル外観

Dscf4122


玄関ロビー。旧正月の後だったからか、赤い提灯とかそれらしい装飾が。

Dscf4025


Dscf4026_2


エレベーター。
しかしながら、客室のある階は中2階というか、階段を少々上り下りしなくちゃならないので、ちょっと不便。

Dscf4103


ホテルの部屋。奮発してスーペリアダブルルーム。

奥にバストイレがありますが、シャワーのみ。

Dscf4092


庭。

Dscf4094


美術品などを集めた部屋。

Dscf4098

朝食の間。素晴らしく優雅な空間でした。
Dscf4104


朝食ビュッフェ。

「ビーフンカレー」というメニューがあり、自分でビーフンを茹でてカレー味のスープに投入。トッピングはお好みで。(写真右上)

Dscf4107



評判に違わずプラナカン様式の調度が美しく、スタッフもフレンドリーで過ごしやすいホテルでした。

(全館禁煙なのでご注意を。)

マレーシアに行ってきました(1)

世界遺産の街マラッカに行ってみたかったんですよね。
ということで高跳びしてきました。


通貨はマレーシアリンギット(RM)で、羽田で両替しましたが1RM=31.71でした。
1万円分の両替をお願いすると、細かいのは出ないということで、300RMを用意。

羽田空港から深夜便に乗り、現地には朝の6時半ごろに到着。

Dscf4007_2



クアラルンプール空港(略称:KLIA)からマラッカ行きの長距離バスが出ているので、チケットカウンターでチケット購入。
StarMart Expressという会社で、35RMでした。

(日本からもオンラインで予約できるようです。)

Dscf4015_2

10時ごろにはマラッカのバスターミナルに。
Dscf4021_2

バスターミナルは町の中心から離れているので、タクシーで行かなければなりません。(路線バスもあるようですが・・・)
でもタクシーってちょっと交渉が難しそうだし、ボラれそう。
そこで活躍するのが、配車アプリのGRAB
東南アジアでは当たり前のように使われているもので、
「出発地(今いる場所)」と「目的地(行きたい場所)」を入力すると
料金が表示されて、それでよければ「book(予約)」をクリック。
すぐ来てくれる車のナンバー、ドライバーさんの氏名が表示されるので、来るのを待つだけ。

混んでいる時間帯だとなかなか捕まらなくてキャンセルせざるを得ないときもありますが、観光地だと客待ちをしているのが多いのか、待っても5分で来てくれます。

改めて行先の確認をされますが、あとは特に話す必要はないので、ほんと楽でしたね。
アプリは日本で登録していきました。
クレジットカードで支払いができますが、現地に行かないとカードの登録ができないし、私はキャッシュで払いましたね。でもとくにトラブルはありませんでした。

J.S.PANCAKE CAFE の「ピンクベリーパンケーキ」

限定につられるの、やめようと思っていても、やっぱり試したくなる限定モノ。
J.S.PANCAKE CAFE の今期のヴァレンタイン限定は、「ピンクベリーパンケーキ」と「ブラックベリーパンケーキ」の2種類。
華やかなピンクのパンケーキを食べてきました。


P_20190216_175340
ビーツで色づけした鮮やかなピンクの生地に、甘酸っぱいストロベリーソースを挟み込み、ホワイトチョコレートクリーム、ラズベリー、そしてマシュマロをトッピング。さらにお好みでピンクのソースをかけられます。
ベリーが甘酸っぱくておいしくて、あっという間に平らげてしまいました。
次の限定ケーキは何かな?去年はストロベリーだったよね・・・。

«『ベルリン 天使の詩』の名優、ブルーノ・ガンツ氏が死去

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ