最近のトラックバック

« フィガロ・ヴォヤージュVol.13『ドイツのやさしい暮らし』 | トップページ | BiND for Weblife 体験版 使用レポート »

蜘蛛を殺す

ドイツ語教室、今週から7月期に入りました。
教科書も、Hueber社から出ている「Lagune 3」になりました。Themen 3 よりは易しそう・・・。

今仮定法を使った文をやっているのですが、設問に、「浴槽に蜘蛛がいたらどうする?」というのがありました。水で流す、別の人に取ってもらうという人がいましたが、私は「殺さずに逃がす」と答えました。

In Japan,wenn man die Spinne tötet,bringt das Etwas Ungrückliches.

「日本では、蜘蛛を殺すとよくないことがおこる」と言われている、と言ったら他のメンバーの中には「聞いたことない」なんていう人もいましたね。

あとでネットで調べたら、「朝の蜘蛛を殺すと親の死に目に会えない 」とか「朝蜘蛛は仇でも殺すな」「夕蜘蛛は親でも殺せ」とか、朝と夜が逆になっているヴァージョンもありました。
私は、蜘蛛は「神様の使い」みたいなことを言われたような気がするのですが、なんとなく、ハエやゴキブリと違って、殺してはいけないような雰囲気がありますよね、蜘蛛って。祟りがありそうで。

先生に、蜘蛛にちなんだドイツ語のことわざSprichwortを教えてもらいました。


Spinne am Morgen ―― Kummer und Sorgen
Spinne am Abend ―― erfrischend und labend

朝に蜘蛛を見ると、心配事がおこる
夜に蜘蛛を見ると、元気になれることがおこる

直訳するとこんな感じ?Morgen ―― Sorgen、Abend ――  labendで韻を踏んでいます。ちなみにこのことわざ、ドイツでは言うけど、スイスでは言わないそうです。

« フィガロ・ヴォヤージュVol.13『ドイツのやさしい暮らし』 | トップページ | BiND for Weblife 体験版 使用レポート »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
しかし、仮定法の設問とは言え「浴槽に蜘蛛~」って、ど~よ?
もう少しありえる設問が良かったんですね。
たとえば「浴槽に死体が~」みたいな、、、、。
あ、ドン引きされましたね、失礼失礼。
京都(少なくとも私の家では)朝夕構わず「蜘蛛は殺すな」です。
朝の蜘蛛は晴天の証し、夜の蜘蛛は不吉と言うのはありますが、殺生に及ぶ話ではないですね。
どちらかと言うと、ヤモリ(「家守り」に通ずる)と同じく家を守る生き物として扱われています。家を守る生物として他に蛇もいますが、これはあまり家の中で見た事は無いですね。

浴槽に死体だなんて、サスペンスじゃないんだから・・・(笑)。
蜘蛛が家を守る生き物、というのは初耳。でも、蜘蛛はハエやゴキブリを食べる益虫というから、ありがたい存在なのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィガロ・ヴォヤージュVol.13『ドイツのやさしい暮らし』 | トップページ | BiND for Weblife 体験版 使用レポート »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ