最近のトラックバック

« 『玉ねぎの皮をむきながら』感想 | トップページ | DeLi »

ロシア・アヴァンギャルド展

所用で池袋まで行ったので、帰りに東武百貨店でドイツパンを買ってきました。

吉祥寺のドイツパンの店Lindeの出店です。
うちの近所じゃドイツパンを買えるところがないから嬉しいわ。

Zatu

<左・ブレッツェル、右・カイザーゼンメル(トッピングはひまわりの種)>

それから渋谷に回って、文化村で「ロシア・アヴァンギャルド」展を見てきました。

ロシア・アヴァンギャルドを代表する画家、マレーヴィチはやっぱりかっこいいわ~。「刈り入れ人」(1912~3年作)という絵の、色彩と構成の斬新さ、迫力に思わず唸ってしまいましたよ。
この展覧会の第2の目玉の、グルジアの画家
ニコ・ピロスマニの作品は、素朴で力強いところが、妙に人の目をひきつけて離さない感じで、なかなかよかったです。ちなみにこの画家、「百万本のバラ」という曲の実在のモデルなんだそうです。
しかしグッズが高すぎる!たかがトートバッグが1,890円ですよ?欲しい柄だったけど、買うのやめました。890円なら買ったけどな・・・。

今度文化村で「わが教え子ヒトラー」という映画をやるというので、ついでに前売りも買いました。
「善き人のためのソナタ」の主人公を演じたウルリッヒ・ミューエが、ヒトラーに演技指導をするユダヤ人役で出てきます。ヒトラーをコミカルに、人間的に描いているというので、本国でも賛否両論が巻き起こったそうです。

「わが教え子ヒトラー」公式ホームページ

http://www.cinemacafe.net/official/waga-oshiego/#

« 『玉ねぎの皮をむきながら』感想 | トップページ | DeLi »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『玉ねぎの皮をむきながら』感想 | トップページ | DeLi »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ