最近のトラックバック

« 花火FEUERWERK | トップページ | DVD「プロミス」感想 »

フェルメール展

 東京都美術館で開催中の『フェルメール展』を見に行ってきました。
朝日新聞がやっている会員サービス「アスパラクラブ」の懸賞に当選したんです!くじ運の悪い私が嘘みたい!

 フェルメールの残した作品はわずか30数点ほど。そのうちの7点が一堂に集いました。そのほかに、フェルメールの故郷・オランダのデルフトで活躍した画家の作品約35点が展示されています。

 当選者のみの特別招待日なのでそれほど込んでないし、作品数も多くないのでゆったりと鑑賞することができました。一つ一つの作品に解説がついているのも親切。たとえば、ヘラルト・ハウクヘースト「デルフト新教会の回廊」。言われれば「あれ?」とは思うものの、普通ではありえないパースで描かれています。これは魚眼レンズで見たところを想定して描かれているとか。

Zatu_020

 あと、今回知ったこととしては、1654年にデルフトで火薬倉庫が爆発するという大事故が起こったこと。今回来ている画家の中にも、犠牲になった人がいます。フェルメールはその後も生きていたことを考えると、事故には巻き込まれなかったってことですね。

 一番気に入った作品はフェルメールの「小路」。これは現存する2点の風景画のうちの1点だそうです。フェルメールのよさは、やはり光の使い方ですね。静謐な中に、人物の息遣いまで聞こえてきそうです。

Zatu_019

 

 画集だと大体みな同じ大きさに揃えられているので分かりませんでしたが、チラシなどでクローズアップされている「ヴァージナルの前に座る若い女」などはA5サイズという小さなものでした。百聞は一見にしかず。このところ美術展とはご無沙汰でしたが、やっぱり本物を見るのはいい経験ですね~。

« 花火FEUERWERK | トップページ | DVD「プロミス」感想 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花火FEUERWERK | トップページ | DVD「プロミス」感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ