最近のトラックバック

« 「ポーランド旅行」感想 | トップページ | 映画「わが教え子、ヒトラー」感想 »

DVD「インファナル アフェア」感想

 マフィアに潜入した警察官と、警察に潜入したマフィア組員。ご存知、香港製犯罪映画の代表作。

 10年後。警察に潜入した組員ラウは、順調に出世し課長にまでなっていた。ラウの本当のボス、サムの下に潜入していたヤンは、「自分は警官なのに」というプライドに苦しんで自暴自棄の生活を送っていた。
 麻薬の取引に絡んで、お互いにスパイを送り込んでいることが発覚。ラウ、ヤンそれぞれに「内通者を探せ」という指令が下る。
 やがてサム側がラウの上司、ウォン警視を殺害するにいたる。ウォンはヤンの本当の身分を知る唯一の人間。ラウもサムを裏切る決意をし、2人の運命は交差する。

 友人に勧められて見ました。これは3部作なんですね。マフィアとかやくざ映画って苦手なんですが、これは面白かったです。派手な銃撃戦もカーチェイスもなく、ただストーリー展開の巧みさ、出演者の緊迫した演技で魅せていると言うか・・・。
 顔はラウを演ずるアンディ・ラウのほうが好みかも~、と思いつつも、やはりヤン役のトニー・レオンの方に軍配は上がるかな。今にも壊れそうな脆さと繊細さを漂わせ、今にも泣き出しそうな、「俺を救けてくれ」とすがるような瞳に揺さぶられますね。陰影のある役者さんです。しかし、最後あっけなく殺されてしまって「え、これで死んじゃうの!?」とびっくり。
 若い頃の2人を演ずる俳優が、あまり似ていないのはご愛嬌。

« 「ポーランド旅行」感想 | トップページ | 映画「わが教え子、ヒトラー」感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ポーランド旅行」感想 | トップページ | 映画「わが教え子、ヒトラー」感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ