最近のトラックバック

« メタボリックシンドローム | トップページ | 新作マフラー »

DVD『JSA』感想

風邪気味だったので、家でおとなしくDVD鑑賞してました。

朝鮮半島、南北分断の象徴である38度線上の共同警備区域(JSA Joint Security Area)で起こった銃撃事件。南北双方の当事者の兵士たちは異なる供述を繰り返しており、事態を重く見た南北両国は、事件の解明を中立国監督委員会に委ねた。派遣されたのは、韓国系のスイス軍将校ソフィー。(この美しき女性将校を演じるのが、『チャングム』のイ・ヨンエ。ストイックな軍服姿が実に美しい!)

 南の兵士イ・スヒョクが、北の兵士2名を射殺して逃走した、というこの事件について、南の主張が「北に拉致された」というのに対して、北の主張は「南に奇襲された」。ソフィーは、現場に残された弾丸の数から、当時誰かもう一人の人物がいたことを推測する。その矢先、その「もう一人の人物」だと思われるナム・ソンシクが、取調べ中に投身自殺を図る。隠された真実とは何なのか・・・・。

 南北の兵士が38線上で仲良く遊んでいた、というあらすじはなんとなく知っていたのですが、「平和ボケ」の日本人には衝撃的な内容でした。韓国なんてふらりと行ける観光地、くらいに思っていましたが、いまだ戦争は終わっていないんだ・・・、と。
 スヒョクは38度線を越えてしまい、しかも地雷を踏んで困っているところを、北の兵士ギョンピルとウジンに助けられる。それが縁で敵同士ながら交流が生まれ、後にソンシクがそれに加わる。(ギョンピルたちがアメリカ製のライターやポルノ雑誌に感激したり、4人がケンケンで遊んだりする姿は微笑ましかったです。)しかし会うのもこれが最後という晩、見回りの北の兵士に見つかってしまう。

 イ・スヒョクを演じるイ・ビョンホンもよかったですが、やはりギョンピル役のソン・ガンホが素晴らしかったです。
冷酷無比の「北」の人間という先入観を覆す、「頼れる兄貴」というべき人間味のあるキャラクター。スヒョクが惚れ込んだのも納得でしたし、しかも「事件」がおきたときの冷静で的確な判断力。実は北の兵士を射殺したのは、弟のようにかわいがっていたウジンに銃を向けられ絶望したソンシクでしたが、彼をこの場にいなかったことにしろ、と指示したのは、彼ではこの「秘密」を守りきれないと判断したからなのでしょうか。

 検死のシーン、どの弾が致命傷だったというのはともかく、一発目かどれかわかるなんて、最近の法医学はすごいな~、と思いました。

« メタボリックシンドローム | トップページ | 新作マフラー »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

お加減いかがですか?

早速『JSA』をアップしてくださって、ありがとうございます。
名優ソン・ガンホさん(一番 魅力的なキャラクターでした)の胸を借りられたビョンホンさん、ラッキーだったと思います。
地味な役でしたが、これが彼の出世作となりました。
それにしても、四人のアンサンブル(相乗効果)が絶妙でしたね。

どうぞお大事に・・・。


Rioさま、こんにちは!昨日一日家でゆっくりしていたおかげか、今日はだいぶ調子いいです。
『JSA』、韓国映画の代表作ですが、こういう機会でもなければ見なかっただろうな~、と思うのでお勧め下さってありがとうございました。
イ・ビョンホンのシーンでは、取調べでギョンピルと対面し、ソンシクの自殺のビデオを見せられたときの、泣き出してしまうシーンがよかったです。スヒョクは本当に平凡な若者で、「北の人間っていったって、いい人もいるじゃないか。仲良くして何が悪い?」程度の気持ちだったのに、ここまで友を追い詰めたのは自分だと思って・・・。考えなしと言っちゃ考えなしだったのですが、戦争のむごさを感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メタボリックシンドローム | トップページ | 新作マフラー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ