最近のトラックバック

« 星占いHoroskope | トップページ | DVD『四月の雪』感想 »

DVD『この道は母へとつづく』感想

貧困、児童虐待等、現代ロシアの社会問題を背景に描いた、ロシア版『母を訪ねて三千里』。実話を元にした作品だそうです。

ロシアの辺境にある孤児院に裕福なイタリア人夫婦が訪れ、6歳のワーニャが「養子に」と望まれる。周囲は羨望と嫉妬の目で彼を「イタリア人」と呼んでからかう。
そんなある日、一人の女性が現れる。しかし彼女が捨てた息子は既に養子にもらわれたあとだった。
イタリアに行ってしまったら、本当のママと会えなくなる!孤児院の院長や仲間たちは、イタリアに行ったほうが幸せだ、と諭すがママへの想いは募るばかり。独学で文字を覚え、院長室にある自分の記録を盗み読みし、ママの手がかりを求めて前に預けられていた孤児院へ向かうため、孤児院を脱走する。

ワーニャ役の少年がかわいい!透けるような白い肌、吸い込まれそうな青い瞳・・・スラブ系の子どもって、天使のようにかわいいですね。(大人になったらクマ親父やビヤ樽のようなオバちゃんだが。)

孤児院には年長の少年たちが仕切るグループがあり、車を拭いたりして貰ったチップをちょろまかそうものなら制裁を受けます。そんななかで揉まれてきたからか、ワーニャはかわいいだけじゃなく、6歳とは思えないほど行動力がありしたたかです。一人で知らない街に向かう電車に乗ったときも、怪しまれないように「パパと一緒なんだ」という芝居をしたり、不良少年のグループに絡まれたときも、言うとおりにする振りをしてすばやく反撃したり、養子仲介業者の追っ手に捕まりそうになったときも、恐ろしいほどの勇気を見せます。すべては「ママに会いたい」という一心から。その健気さに心打たれます。

「母恋い」のほかに「養子斡旋ビジネス」というのがこの映画のテーマになっています。養子を望む夫婦は、「マダム」と呼ばれる女性に仲介料として少なくとも5,000ユーロは払うことになっているようですし、取り分を要求する院長も、忌々しく思いながらも背に腹は変えられない、といった状況なのでしょう。なんでわざわざイタリア人がロシアの子どもをもらうのか、については、やはり後から実の親が出てきてトラブルになると困るから?

ワーニャのはにかんだような笑顔がスクリーンにいっぱいに広がるラストシーン、これだけでも見る価値があります。この映画。

« 星占いHoroskope | トップページ | DVD『四月の雪』感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星占いHoroskope | トップページ | DVD『四月の雪』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ