最近のトラックバック

« DVD『四月の雪』感想 | トップページ | ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2008 »

もみの木Tannenbaum

あっという間にクリスマスですね。ドイツのクリスマスになくてはならないもの、それはヴァイナハツバウムWeihnachtsbaum(クリスマスツリー)。ツリーには、モミTanneやドイツトウヒFichteなどの本物の樹を使います。

Weihnachten_201_2 

≪こんなふうに売られています≫

O Tannenbaum, O Tannenbaum,
wie treu sind deine Blätter!
Du grünst nicht nur zur Sommerzeit,
nein, auch im Winter, wenn es schneit.

O Tannenbaum, O Tannenbaum,
wie treu sind deine Blätter!

【直訳】

もみの木 もみの木 
お前の葉はなんと変わらないことか
夏の日だけでなく、
いや 雪降る冬の日であっても
もみの木 もみの木 
お前の葉はなんと変わらないことか

日本でもよく知られているクリスマスソングですね。
さて、ドイツ語クラスのM先生いわく、「この歌には決定的な間違いがある!」よくよく聞けば、モミの木のような針のような葉は
Nadel(=針)というはずなのに、Blätter(幅広の葉っぱを指す)が使われているんですね。たしかにおかしい!

日本では、クリスマスは恋人や友人と過ごすのが一般的(?)ですが、ドイツでは家族と過ごすそうです。日本のお正月と一緒ですね。クリスマスに教会に行くのかな、と思いきやドイツでもほとんどいないそうです。カトリック信徒の中には夜中のミサに行く人もいるそうですが、人口のせいぜい2%くらいだろう、と先生は言っていました。

クリスマスのご馳走としては、北ドイツではWeihnachtsgans(ガチョウ)、南ドイツやオーストリアではKarpfen(鯉)を食べるそうです。
お菓子はレープクーヘンLebkuchen(シナモンなどの香辛料のきいた硬いクッキーみたいなお菓子)やシュトレンStollen(ドライフルーツがたくさん入った、 ずっしりと重い長方形のパン菓子)などがあります。その他、ローテンブルク名物のシュネーバルSchneeball(雪玉)なんかも聞いたことありますね。

« DVD『四月の雪』感想 | トップページ | ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2008 »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『四月の雪』感想 | トップページ | ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2008 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ