最近のトラックバック

« フリードリヒ・グラウザー『砂漠の千里眼』感想 | トップページ | ドイツパンの店「ショーマッカーSchomaker」 »

恥ずかしい状況eine peinliche Situation

今週のスピーチのお題は、eine peinliche Situation(恥ずかしい状況)。

Ich erinnere mich an passende Episoden nicht, weil ich etwas Schlechtes für mich schnell vergessen.

Ich bin schlechte Rednerin. Ich bin so nervös, dass ich nicht fließsend reden kann.
In Unterricht reden andere Leute viel über den Thema des Heutes, aber ich rede nur 3 Sätze.
Das ist eine peinliche Situation.

私は、自分にとって悪いことはすぐ忘れるので、ぴったりのエピソードが思い浮かばない。

私はスピーチをするのが苦手だ。とても緊張するので、スラスラと話すことが出来ない。授業でも、他の人が今日のテーマについていっぱい話しているのに、私は3行しか話せない。これは恥ずかしい状況だ。

ふとしたときに、学生時代にしでかしたことなどを思い出して悶え苦しんだりしますが、いま現在思い出せなかったので。
「日本人はスピーチに慣れていないから」とフォローを入れてくれた方もいましたが、先生は「スイス人の方がもっと慣れていないよ。自己紹介して、なんて言っても、おどおどしてる人が多い。」というようなことを言っていました。いろんな国に囲まれて、その昔は傭兵が主力産業だった国にしては意外な・・・。

「恥ずかしいこと」には「失敗」も含まれるのでしょうが、Mißerfolg だと、試験とかの失敗や割と大きなこと。
Mißgeschick だと、小さな失敗を指す、とのことでした。

教科書も、9月から初めて5ヶ月でLektion 9 まできました。(1課あたり3,4ページしかないけれど。)
このLagune、Kursbuch教科書とArbeitsbuch問題集がほぼ同じ装丁なので、先生も時々間違えて、Kursbuchを開いて、と言いながらArbeitsbuchの設問を読み上げたりしてます。

« フリードリヒ・グラウザー『砂漠の千里眼』感想 | トップページ | ドイツパンの店「ショーマッカーSchomaker」 »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フリードリヒ・グラウザー『砂漠の千里眼』感想 | トップページ | ドイツパンの店「ショーマッカーSchomaker」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ