最近のトラックバック

« 韓国ドラマ『HAPPY TOGETHER』第13,14話感想 | トップページ | 初詣~東京大探検~ »

韓国ドラマ『HAPPY TOGETHER』第15,16話感想

終盤に向けてHAPPYな方向に向かっています。

第15話。

テプンはジソクに「スハと別れるな」と説得するが、殴り合いのケンカに。ジソクも苦しんでいることを悟ったテプンは、ジソクの拳を黙って受ける。
テプンはスハに会いに行く。ジソクもまたスハのいる田舎へ向かうが、テプンと一緒にいる姿を見て会わずに去る。
プロに再入団するテストを1週間後に控えたテプンはスハに応援してくれと頼む。
その頃、ジソクが調査している麻薬事件にピルドゥの勤めるナイトクラブが関係していることが判明する。ある日、ジソクはナイトクラブの社長から「捜査をやめろ」と脅迫を受ける。そこにテプンが出くわし乱闘になり、テプンはジソクをかばって刃物で刺される。

第16話。

テプンは軽症で済んだが、ジソクは肋骨2本を折る大怪我を負う。「人のために走り回って疲れないのか。空回りするだけなのに」と問うジソクに、テプンは「疲れる。でもほっとけない。兄弟の問題は俺の問題だから。」その言葉に、だんだんとわだかまりが溶けていくジソクだった。
スハの思いを断ち切れないジソクは、チェリムに別れを告げる。
一方入団テストの日、スハは現れなかった。テストをうまく乗り切ったテプンは、やっと現れたスハにジソクを引き合わせる。
数日後、結婚式の会場にチャンジュ、テプン、ムンジュ、ユンジュの姿があった。美しいスハの花嫁姿。当の花婿ジソクは仕事場から直行、 時間に間に合わなくてテプンのタキシードを借りることに。会場に向かいながら、振り向きざまにジソク、「ありがとう、兄貴」。

最後の最後でやっとジソクが「兄貴」って言ってくれましたね~。テプンの想いが通じました。
ジソクにとっては、忘れたい過去を思い出させる煩わしいだけの存在だけど(おまけに恋人のそばをウロチョロしているし)、本気で自分のことを案じてくれていることが彼にもわかったのではないでしょうか。テプンが刺されたとき、「許さない」と言って相手に向かっていったジソクの形相は凄かったです。あのときには「兄弟」の意識が生まれていたのかな?
テプンとジソクが絡むシーン、火花散る激しさといたわり(←一方通行だけど)が感じられて好きです。

それにしてもテプン、喧嘩っ早いわりには、いつもボコボコにされてますね。テジに「勝ち目がないときは逃げてって言っているのに!」と言われて父親の面目丸潰れ。でも尊敬するジソク叔父さんに「ヤクザに襲われた叔父さんをパパが助けてくれた」と言われて、テジ、とても嬉しそうでした。

そういえば、とうとうテジの母親は現れませんでしたね。

ということで、『HAPPY TOGETHER』完走しました!

« 韓国ドラマ『HAPPY TOGETHER』第13,14話感想 | トップページ | 初詣~東京大探検~ »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

完走ありがとうございました。
『ノルマ化』になっていたらどうしよう・・・とハラハラしました。(笑)

プールの乱闘シーンで、目の上に裂傷を負ったビョンホンさんは、青くなるスタッフをよそに一人平然としていたスンホンさんを見て「肝の据わった奴だ」と好感を抱いたとか・・・。
以来、「あの二人、アヤシイ仲なのでは?」と噂されたほどの仲良し。
心を許した相手(特に男性には安心して)トコトン子犬のように懐いていく習性があるみたい。(笑)
兄弟がいないせいもあるのかしら?

打ち上げの席で記者から『傷痕』を言及された時、「鏡を見るたびに楽しかった現場を思い出せるから、いいんだ。」とニコニコ答えてましたよ。

Karinさま、こんばんは!

話がつまらなかったら脱落したかもしれませんが、面白かったので「ノルマ」では全然なかったですよ。逆にドラマの話ばかりで、役者(イ・ビョンホン)の話は全然しなかったので、ファンの方には物足りなかったのでは?

スンホンさん、改めて調べたらあの「兵役逃れ」でお騒がせした人だったのですね。
そしてクォン・サンウと上半身裸で(映画「宿命」の)ポスターになっていた人だったんですね!あの「ジソガー」が、色っぽくワイルドになっていたので驚きました。

傷痕のエピソード、微笑ましいですね。

Karinさま、こんばんは!
ファンの方にいろいろ補足していただいて、ドラマをより楽しむことが出来ました。こちらこそありがとうございます。
第3弾は未定ですね・・・。
連続ドラマを見るのは、私のようにハマリこむタイプには危険(?)なので。

『エデンの東』、脚本家が変わったり、主演女優の降板にスンホンさんが関わっているらしいとありましたね。日本ではあまり脚本家が変わったり降板ってあまり聞かないような気がするので、韓国の特殊な事情によるものでしょうか。(苛酷な撮影日程、視聴者の意向によってストーリーや主人公が変わる、など・・・)

Karinさま、こんばんは!

「イジワル」には思いませんでしたが、読み返したら何か気に入らない、イマイチだった、と思うのはよくあることですよね。なので1月4日のコメント、削除いたしました。

山崎哲さんのブログ、ちょこっと見てきました。プロの方のコメントは深いですね~。山崎さんも「いい!」と仰っていた『美しい日々』を次に見てみたいと思いました。いつになることやら。

ニット帽、褒めてくださってありがとうございました。『HAPPY TOGETHER』を見ながら編んだので、よく見ると編み目がヘンなところがあるんですけどね!マフラーから一歩前進です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国ドラマ『HAPPY TOGETHER』第13,14話感想 | トップページ | 初詣~東京大探検~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ