最近のトラックバック

« 新作ニット:耳当て帽 | トップページ | iKnow! 体験してみました。 »

DVD『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』感想

1956年、ソ連支配の共産主義政権下にあったハンガリーの首都ブダペスト。メルボルン・オリンピック出場を目前にした水球のスター選手カルチは、学生運動に身を投じる女子学生ヴィキに出会う。それまで政治に無関心だったカルチも、市民のデモを制圧しようとする軍や秘密警察AVOの横暴を目の当たりにし、ヴィキとともに戦うことを選ぶ。
革命を潰すべくソ連が介入、武装蜂起した市民との間に銃撃戦が繰り広げられる。2週間ほどしてソ連は完全撤退を約束、事態は収束に向かったように見えた。いったんはオリンピックを諦めたカルチだが、監督に頭を下げもう一度チームに加えてもらい、メルボルンに向けて出発する。しかしソ連は、約束を破り首都を包囲した。AVOに捕まったヴィキは仲間の名を言うように強要されるが、それを拒否し――。

その頃メルボルンで、ハンガリーは因縁深いソ連と対決。ソ連は次々と反則を仕掛けてきて、カルチは目の上を切ってしまいプールの水が赤く染まった。それでも堂々と戦ってソ連を退け、勝ち上がりついには金メダルを獲得。ハンガリーの国歌が高らかに流れる中、遠く離れたヴィキを思うのだった。

オリンピック史上、「メルボルンの流血戦」として有名な水球の試合を題材に、歴史に翻弄される若い男女の運命を描いています。ほとんどが銃撃戦。自由を求め、脅しにも屈しないヴィキは「白バラ」のゾフィーのようでした。
水球は、日本ではあまりメジャーではありませんが、ハンガリーでは昔から盛んだったみたいで、オリンピックで金メダルを9個も取ってるんですね。この水球の試合のシーンと、ヴィキの取調べが交互に映し出されて、より緊迫した雰囲気が醸し出されていました。


冒頭、ポーランドでもストライキがあったことが述べられていましたが、フルシチョフのスターリン批判を受けて、ソ連の傘下にあった国々で反動が起こったとのこと。「蒔いた種は刈り取る」という言葉がありますが、ソ連の刈り取り方は半端ないですね。戦車で押し潰す、だもの・・・。
「ベルンの奇跡」はこれよりたった2年前の出来事なんですね。「マジック・マジャール」なんていって、無敗の成績を誇っていたのに・・・。

« 新作ニット:耳当て帽 | トップページ | iKnow! 体験してみました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新作ニット:耳当て帽 | トップページ | iKnow! 体験してみました。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ