最近のトラックバック

« DVD『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』感想 | トップページ | ドイツ・オープンハウス »

iKnow! 体験してみました。

「iKnow!」は、無料で英語を学習できるWeb上のサービスです。タイピングや択一問題などゲーム感覚で進められるほか、SNS機能もあります。新聞で紹介されてたし、友人も「ハマった」と言っていたので、私もチャレンジ!

利用には、ユーザー登録をしてログインするだけ。Webブラウザ上で利用するので、とくに専用アプリケーションをインストールするなどの手間はありません。学習コースは100近くあるそうで、基礎英語やTOEIC、受験英語に対応したコースとか、オバマ大統領の就任演説とか、映画の予告編やセリフを使って学ぶコースなんかもあります。

デモでやった「基礎ステップ1」で説明します。
一つのコースに対して、「iKnow!学習アプリ」と「ディクテーション(書き取り)アプリ」が用意されています。学習アプリを選択すると、今回学習する単語(アイテムという)を10個表示。一つの単語について意味、例文が2つ、スペルの計4つのタブがあります。一とおりそれが表示されたあとは、それらがランダムに出てきます。初級だし、ほとんど脊髄反射(笑)で答えられます。しかしうっかり間違えたり、タイプミスをすると「不正解」とか、「再学習」とか表示されてしまいます。また忘れた頃に同じ問題が出てきます。それで記憶の定着を図っているそうです。

「ディクテーション」アプリでは、学習アプリで使った例文が出てくるので、学習アプリをやった後でやるといいかもしれません。入力すると「ダダダッ」と本物のタイプを打ったときのような効果音が出ます。
初級レベル(基礎ステップ3)で腕慣らししてみましたが、短い文でも、けっこうタイプミスが多かったので「×」を食らって、何度も同じ問題をやり直しさせられてイヤになりました。自業自得だけど。

続けていくうちに、こういうミスや引っかかり具合とかをコンピューターで判断して、その人に合った問題が出てきたり、コースをお勧めしたりくれたりするそうです。
当分がんばってみるかな。

≪iKnow!のホームページ≫

http://www.iknow.co.jp/

« DVD『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』感想 | トップページ | ドイツ・オープンハウス »

日常のちゃめしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』感想 | トップページ | ドイツ・オープンハウス »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ