最近のトラックバック

« MOA美術館『江戸と明治の華』展感想、そして熱海 | トップページ | DVD『12人の怒れる男たち』感想 »

フロッケのボーイフレンド「ラスプーチン」

Flocke im Tiergarten Nürnberg hat einen Freund seit Januar. Der Eisbärjunge ist aus Moskau gekommen. Er heißt Rasputin.
Sie sind sehr freundlich, aber in etwa einen Jahr zieht er nach Madrid um.

Knut bleibt noch in Berlin. Seine Recht hat der Zoo Neumünster, aber keinen Platz gibt es für ihn. Knutshaltung kostet viel.
Um Knut noch in Berlin zu bleiben, würde Zoo Berlin anderer Zoo die Konkurrenz machen.

ニュルンベルク動物園のフロッケには1月からボーイフレンドがいる。そのオスのシロクマはモスクワから来た。名前はラスプーチン。二匹はとても仲良しだが、1年ほどで彼はマドリッドに引っ越す。

クヌートはまだベルリンにいる。彼の権利を持つノイミュンスター動物園には、彼の居場所がない。クヌートの飼育にはたくさんお金がかかるのだ。
クヌートがこのままベルリンにいるためには、ベルリン動物園は、他の動物園と競わなければならないだろう。

今週のテーマは「(Haus)tiergeschichte動物(ペット)の話」でしたが、ペットを買っていないので、大好きなシロクマの話を。

フロッケのところに、モスクワからオスのシロクマが来たことは知っていましたが、まさか名前が「ラスプーチン」だとは。(愛称は「ラスピィ」らしい。)モスクワから来たときは名前がなかったとのことなので、ニュルンベルク動物園のスタッフが決めたんだろうか。2匹ともまだ仔熊なので、ベイビーは期待できないみたいですが、1年しかいないなんてさみしいですね。

クヌートは、ノイミュンスター動物園側の受け入れ体制が整わないため、引越し話が棚上げ状態になっている様子。よく食べるし、広い飼育スペースや専用の施設が必要だし、その維持管理も大変だし、結局、シロクマの飼育にはお金がかかりすぎるので、ってところなのでしょうか。RBB(Rundfunk Berlin-Brandenburg ベルリン・ブランデンブルク放送局)の記事では、「世界的に有名だが、チームにとっては必要ないので、高値で売ってしまいたいサッカー選手」に 喩えられていました。

http://www.rbb-online.de/knut/abendschau/folgen/knut_bleibt_solo.html

« MOA美術館『江戸と明治の華』展感想、そして熱海 | トップページ | DVD『12人の怒れる男たち』感想 »

クヌート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MOA美術館『江戸と明治の華』展感想、そして熱海 | トップページ | DVD『12人の怒れる男たち』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ