最近のトラックバック

« ドイツ料理サロン「エスツィンマー」5月講習会のお知らせ | トップページ | ドイツ料理を習う~シュペッツレのスープ~ »

映画『消されたヘッドライン』試写会感想

映画『消されたヘッドライン』の試写会が当たったので行ってきました。

ワシントンD.C.。ある雨の夜、黒人の少年が射殺される事件が起こる。
そしてその翌日、一人の女性が事故死した。彼女は国会議員コリンズの愛人だった。
「ワシントン・グローブ」紙のベテラン記者カルは、射殺事件を追ううちに、2つの事件に繋がりがあることに気づく。
カルは駆け出しの女性記者デラとともに、事件の裏側に迫っていくが、そこには想像を絶するアメリカ最大の陰謀が隠されていた。
国家権力の圧力と、暗殺の危機に晒されながら、カルたちは真実を暴くことが出来るのか!?

まだ公開前なのでネタバレは控えますが、ハラハラドキドキ、目まぐるしい展開の勢いのある映画でしたね。意外な人が裏で糸を引いていたり。
よくよく考えると、アラがあるというか、都合よすぎる展開のところもありましたが、ハリウッド映画らしいといえばらしいかな。

渦中の議員コリンズとその妻アニーは、カルの大学時代からの友人で、3人は昔なにやらあった様子。「二人を助けたいんだ」と言いつつ、ジャーナリストとして「真実を暴く」ことが使命のカルは、相手の気持ちを考えないことをやったりして、「どうせ情報源としか思っていないんだろ!」と罵倒されます。その苦悩の描き方がちょっと弱いので、映画も尻すぼみな印象が無きにしも非ず、でした。

エンドロールのところで、新聞が刷られて配達されるまでの様子が映し出されてましたが、こうやってできるんだ~、と興味深かったです。

「ワシントン・グローブ」社はもちろん架空の会社ですが、映画と連動して、市民ジャーナリスト(ブロガー)のニュース記事を紹介していくブログポータルサイト「ワシントン・グローブ日本支社」がオープンしました。興味のある方、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

« ドイツ料理サロン「エスツィンマー」5月講習会のお知らせ | トップページ | ドイツ料理を習う~シュペッツレのスープ~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ料理サロン「エスツィンマー」5月講習会のお知らせ | トップページ | ドイツ料理を習う~シュペッツレのスープ~ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ