最近のトラックバック

« ドイツ料理を習う~レンズ豆のスープ~ | トップページ | マックス・ラーベ&パラストオーケストラ 2009 日本公演のお知らせ »

DVD『イースタン・プロミス』感想

クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれた。少女は女の子を産んだ直後、息を引き取る。少女のバッグからロシア語で書かれた日記を見つけ出したアンナは、挿まれていたカードを頼りにロシア料理の店を訪ねる。そしてその店の前で、運転手だという謎めいた男、ニコライと出会う。

「イースタン・プロミス」とは、東欧組織による人身売買契約を意味する言葉だそうです。
死んだ少女タチアナも、ロシアからロンドンに来て売春をさせられていたことが日記からわかります。そして赤ん坊の父親がロシアンマフィア(ロシア料理店の主人)のボスだと判明。アンナの身に危険が迫ります。

ボスの息子キリルは、「ホモ」の噂を流したとして、組織の幹部ソイカをニコライに始末させる。ソイカの兄弟が報復のためにキリルを引き渡すよう言ってきたとき、ボスはニコライを身代わりにしようと一計を図る。

ここで、組織入会の儀式のために、長老たちの前でニコライがパンツいっちょになるんですが、全身刺青だらけですごいこと。
ロシアの裏社会では、タトゥーはいわば「履歴書」のようなもので、描かれた物や場所によって、どこの刑務所にいたかがわかるらしいです。
入会を許されたニコライは、組織の印である星のタトゥーを胸と膝に入れます。

「商売」の相談と称してサウナにおびき出されたニコライは、チェチェン人二人組に襲われる。片や素っ裸、片やナイフを握った二人組。かろうじて刺客を倒しながらも、瀕死の重傷を追い、アンナのいる病院に運び込まれる。

タチアナの件で警察が動いたことを知ったボスは、キリルに赤ん坊を盗み出させる。始末するよう言われていたキリルだったが、ためらっているうちにアンナたちが駆けつける。

ラスト。ロシア料理店。かつてボスが座っていた場所に座るニコライの姿。

ニコライを演じるヴィゴ・モーテンセンが、セクシーでたまらない。撫で付けた髪にくわえタバコ、スマートな立ち振る舞い。クールでミステリアスだけど、時折見せる優しい表情。『ロード・オブ・ザ・リング』のアラゴルンをやった役者さんですが、こっちの方が断然格好いい!!ソイカの死体をサクサク「処理」する彼が怖いです格好いいです。
これは映画そのものにも言えること。スタイリッシュな映像、印象に残る血のような「赤」の色。全裸格闘シーンをはじめ、イテテ…と眼をつぶっちゃうようなバイオレンスシーン満載ですが、期待を裏切らない映画でした。

« ドイツ料理を習う~レンズ豆のスープ~ | トップページ | マックス・ラーベ&パラストオーケストラ 2009 日本公演のお知らせ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ料理を習う~レンズ豆のスープ~ | トップページ | マックス・ラーベ&パラストオーケストラ 2009 日本公演のお知らせ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ