最近のトラックバック

« DVD『12人の怒れる男たち』感想 | トップページ | DVD『イースタン・プロミス』感想 »

ドイツ料理を習う~レンズ豆のスープ~

ドイツ料理サロン「Esszimmer」でドイツ料理を習ってきました!
(デジカメの電池が切れていたので写真が取れませんでした。それゆえ文字のみのレポートです。)

今日の講師はミヒャエル・ノイバー先生。レシピは講師オリジナルのものではなくて、どこかのHPに載っていたものを参考にして作りました。

① レンズ豆のスープ

② ドイツ風ポテトサラダ(いわゆる「ジャーマンポテト」)

③ ジャガイモのパンケーキ

レンズ豆Linseって、ビーズみたいに小さくて、レンズのように平たいんですね!(調べたら、逆にレンズ豆のように平たいんで「レンズ」と言われるようになったみたいです。豆のほうが先。)

スープとポテトサラダとジャガイモのパンケーキを同時平行で作るため、3つの調理台をみんなで飛び回っててんやわんや。
講師のノイバー先生、日本語ペラペラだけど、飛び回りながら指示を出すので、追いかけて「え、今何て言ったんですか?」と確認しなければなりませんでした。

そうこうするうちにおいしい匂いがしてきました。
出来上がった料理を盛り付けて試食会。基本的には野菜を切って煮ただけ、焼いただけ、混ぜただけなのに、すごくおいしかった!うちでも出来そう!
(写真はそのうち「Esszimmer」のHPに載るはず。)

参加者は3名。材料は、主催者の人が講師に相談してから会場の隣のスーパーで買ってくる(笑)。「料理講習会」というより、「料理クラブ」のノリでしたね。
5月2日にまたやるそうです。今度はシュワーベン地方の料理らしい。

« DVD『12人の怒れる男たち』感想 | トップページ | DVD『イースタン・プロミス』感想 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『12人の怒れる男たち』感想 | トップページ | DVD『イースタン・プロミス』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ