最近のトラックバック

« 初ミハエル・ネグリン! | トップページ | ヴェロニカ、春が来た Veronika,der Lenz ist da »

カバレティストKabarettist

「マックス・ラーベとパラスト・オーケストラ」が初来日したのは2006年でしたが、実はその前から存在は知っていました。

何年か前のNHKラジオドイツ語講座で、1920~30年代のドイツを取り上げたことがありました。当時は、風刺の利いた詩を朗読したり歌ったり、寸劇をしたりするカバレットKabarett(文芸寄席)が大流行。そこに出演する芸人たちは「Kabarettistカバレティスト」と呼ばれました。(カバレットは現在でもあるらしいですね。)
なかでも一世を風靡したのが「コメディアン・ハーモニスツComedian Harmonists」という、5人の歌手+ピアニスト1人の男性ばかりのグループ。番組で彼らの「Veronika, der Lenz ist da」が紹介されました。こんな楽しくて素敵な曲は初めて聴いた!
とそれがまず最初のきっかけ。

2001年、ベルリンに行ったときに、街の至る所に貼られたポスターが目に留まりました。このカバレティストみたいな人たちは何者?

Img7281736440001

<ベルリンのタウン情報誌「ベルリン・プログラム」に載っていた広告。>

そう、それが「マックス・ラーベとパラスト・オーケストラ」だったのです。
しかし、女一人でナイトショーに行けないし~、ということで、一度もその舞台を見たことはなかったのでした。

ところが。
時は流れ2006年。ネットサーフィンをしていて、たまたま来日公演のことを知ったのでした。しかも公演の一週間前に。これを神さまの思し召しと言わずに何と言おうか!
かくして、ラーベさんの歌声とパラストオーケストラの素晴らしい演奏の虜になり、今日に至るのである。

« 初ミハエル・ネグリン! | トップページ | ヴェロニカ、春が来た Veronika,der Lenz ist da »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初ミハエル・ネグリン! | トップページ | ヴェロニカ、春が来た Veronika,der Lenz ist da »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ