最近のトラックバック

« おやすみ Duerme | トップページ | 僕の小さな緑のサボテン Mein kleiner grüner Kaktus »

ドイツでテントウムシが大量発生!

ドイツのオストゼー(バルト海沿岸)地方で、テントウムシが大量発生しているそうです。

Bronlinepublikationab05200998283200

<画像はBR-ONLINEのホームページより>

Marienkäfer sammeln sich zu Millionen auf Gehwegen, Häuserfassaden oder auch Strandkörben. Ursache für das massenweise Auftreten der Marienkäfer war das hervorragende Nahrungsangebot für die Larven in diesem Jahr, erklärt der Greifswalder Zoologie-Professor Jan-Peter Hildebrandt.

テントウムシが何百万匹と集まって、路上や家の外壁やビーチの椅子のところにいる。「テントウムシ大量発生の原因は、今年は幼虫のエサとなるもの(=アブラムシ)が大変多かったからだ」、とグライフスヴァルダーの動物学博士、ヤン・ペーター・ヒルデブラント氏は説明する。

一匹のテントウムシの幼虫で、さなぎになるまでの3週間に400~600のアブラムシを食べるらしいですね。この大量発生はこの地方では何年かに一度はおこるということで、1980年代に起きたときには、オストゼーの沿岸を埋め尽くしたようです。

道路がテントウムシで赤く染まる・・・・。
ドイツでは「幸運のシンボル」と言われ愛されている虫ですが、こんなに集まると、気持ち悪いですね・・・。

« おやすみ Duerme | トップページ | 僕の小さな緑のサボテン Mein kleiner grüner Kaktus »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おやすみ Duerme | トップページ | 僕の小さな緑のサボテン Mein kleiner grüner Kaktus »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ