最近のトラックバック

« DVD『つぐない』感想 | トップページ | DVD『MUSA―武士―』感想 »

「ラ・マシン」に遭遇

今日は桜木町まで行ったので、足を伸ばして、横浜赤レンガ倉庫の方まで行ってみました。
「汽車道」を通っていくと、凱旋門のような「ナビオス」の向こうに、巨大な足が蠢いている!

Zatu_076

ラ・マシン」だ!日本語で言うと、「ザ・機械」!

現在開催中の「横浜開国博」の目玉、蜘蛛型ロボット「ラ・マシン」のショータイムが始まったところのようでした。

開国博のホームページによると、

日本初上陸となるフランスの巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」。この革新的なチームは、アーティスト、 デザイナー、制作スタッフ、技術スタッフの約50名で構成されており、フランスのナント市とトゥールーズを拠点に、“生命のある機械”という世界観をコンセプトに活動しています。」

一言で言うと、「巨大オブジェを生きているかのように動かすパフォーマンスアート、というところでしょうか。(←まとめすぎ?)今回、なんで蜘蛛かというと、

クモ」は「糸」で巣をつくる動物であり、きわめて創造的な生命体です。Y150のさまざまな会場をつなぎ 「横浜のゆめ」 をつむいでいくと同時に、 「Web = クモの巣」 型ネットワーク社会のシンボルとして「クモ」が 登場することになりました。

だそうです。見えるかな~、と思いきや、さすがにそれ以上は見えませんでしたね。どんなパフォーマンスなのかは、入ってからのお楽しみということですね。しかし夕方の半端な時間とはいえ、心配したくなるほど人が入っていないんですが、大丈夫でしょうか。

Zatu_079

≪ 横浜赤レンガ倉庫 ≫

« DVD『つぐない』感想 | トップページ | DVD『MUSA―武士―』感想 »

日常のちゃめしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『つぐない』感想 | トップページ | DVD『MUSA―武士―』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ