最近のトラックバック

« 「ラ・マシン」に遭遇 | トップページ | 夢Traum »

DVD『MUSA―武士―』感想

初めてソウルに行ったとき(2001年)に封切られていて、以来気になっていた映画。期待以上に面白かったです。

1375年。元の末期で明の初期の頃の中国大陸。若いチェ将軍が護衛する高麗の使臣団は、明の都・南京に派遣されるが、スパイ嫌疑をかけられる。しかし砂漠を流される途中で一行の前に蒙古軍が現れ、使臣団を護送する明の軍隊を抹殺し、図らずも使節団は解放される。彼らは高麗に戻ることにする。
一行はようやく到着した村で、別の元の騎兵団と遭遇。彼らは、明の朱元璋の娘、芙蓉姫を拉致してきたところであった。チェ将軍は、姫を救出すれば明に恩を売れると判断し、姫を助けることにする。
首尾よく姫の救出に成功するが、彼らに更なる危機が襲いかかる。
「海に行けば、明軍の砦がある」という姫の言葉を信じ、海に向かう一行。姫の願いを聞き入れ、途中で蒙古軍に追われた漢族の民を庇護することになる。
たどり着いた砦は廃墟と化しており、蒙古軍の追っ手も間近に迫ってきていた。
生きるために姫を差し出すか、武士(韓国語読みでMUSA)の「誇り」のために戦うのか、彼らが下した決断とは・・・。

囚われの明の姫を演じているのは、チャン・ツィイーですが、今回剣を振り回したり敵をなぎ倒したりしません。高慢で無力な姫の役がよく似合っています。

彼女も美しいけど、やっぱりこの映画は男優さんたちが美しいです!
槍の達人のヨソルは、奴隷にもかかわらず誇り高く自由な精神の持ち主で、姫も自分を姫君として扱わないヨソルに反発しつつも惹かれていきます。「目力」がありますね。「この人誰!?」とさっそくチェック入れたら、チョン・ウソン。今度、イ・ビョンホンと韓国映画『グッド・バッド・ウィアード』に出ますね!ソン・ガンホも出るし、この映画見に行くべきか。

垣間見た姫に一目で心奪われて救出を決意する、チェ将軍演じるチュ・ジンモもえらく美男子です。苦難を経て、プライドが高いだけのお坊ちゃんから、真の武人へと成長していきます。ヨソルと並ぶと目の保養~。(ええ、私は面食いですとも)
百戦錬磨の弓の名手、隊正役のアン・ソンギも忘れてはいけませんね。この人がいなければ一行はとっくにバラバラになっていたことでしょう。渋い演技で物語に厚みを加えています。
その他の脇役たちもそれぞれ人物描写が細やか。妊婦に自分の身重の妻を重ねる若者、ボケた老婆を母親と思って甲斐甲斐しく面倒を見る男、子どもたちを必死に守る通訳、敵だけど蒙古軍のランブルファ将軍も、誇り高い「草原の戦士」という感じで、いい味出してました。

アクションシーンも、CGやワイヤーは使ってないけど(笑)、見応えがありました。ヨソルの華麗な槍捌き、首が飛び手首も飛び、血飛沫も増量のやけにリアルな戦闘シーン。雪の舞う中、多勢に無勢で、高麗人たちは一人ずつ斃れていきます。なんだかNHK大河ドラマ『義経』のラストを思い出しました。

« 「ラ・マシン」に遭遇 | トップページ | 夢Traum »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ラ・マシン」に遭遇 | トップページ | 夢Traum »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ