最近のトラックバック

« 韓国ドラマ『美しき日々』第7,8,9話感想 | トップページ | 横浜市立大学エクステンション講座:ドイツ語講座のご案内 »

韓国ドラマ『美しき日々』第10,11,12話感想

やっと折り返し点まで来ました。

第10話「失意」

ミンチョルがヤン・ミミのことを調べさせる。資料の中に、イ・ヨンジュン社長の葬儀に参列するミミの記事があった。その写真には喪主として参列する身重のミンジャの姿があった。
後日、ミンチョルはミンジャを呼び出し、「ソンジェの父は誰だ」と問いただす。

セナのCDデビューがだめになった。酔って落ち込むセナをソンジェは慰める。ヨンスもセナを励ましてやってくれと涙ながらに頼むが、その姿をミンチョルに見られてしまう。

ヤン・ミミがまたソンジェを訪ねてきた。ソンジェにピアノを弾いて欲しいと頼み、その姿に今は亡きイ・ヨンジュン社長の面影を重ねるのだった。
別れ際、ミミはソンジェがZEROであることを知っていると話し、音楽をやりたくなったらいつでも連絡をくれと名刺を渡す。

このことをソンジェから聞いたミンチョルは、作曲家のオ・ジョンフンをZEROの替え玉に仕立てる。
ソンジェがZEROだったことを知り、父親は激高する。母ミンジャは、もう隠してはおけないと、ソンジェを本当の父親の墓前に連れて行く。

第11話「対立」

ヴィクトリーはセナと契約を結ぶと言ってきたが、今までのやり方にうんざりしたセナは、「ミューズ」の行うオーディションに出てから決めることにする。

ソンジェはヤン・ミミに会いに行き、実の父のことを聞くが、そこにミンチョルがやってくる。「会社に害を及ぼすことは許さない」と二人は口論になる。
ソンジェのことを心配するヨンスに、ミンチョルは「どっちつかずの君が悪い」と怒りを爆発させる。

ミンチョルは、正式な交際相手としてミンジに紹介すると言って、ヨンスを食事に誘う。
しかし急に旅行に出るというソンジェが心配で、ヨンスは食事会をすっぽかしてしまう。
ソンジェはヨンスに自分の出生の秘密を話す。ヨンスは酔い潰れたソンジェを会社に運び込み、目覚めるまでそばにいてやる。そこへミンチョルが飛び込んできて、ヨンスに「ゲームを楽しんでいるのか?」「男二人を手玉にとって」と酷い言葉を浴びせる。その言葉に傷ついたヨンスは、ミンチョルと共に帰ることを拒む。

嫉妬に狂って、ヨンスに冷たく当たるミンチョルですが、彼ばっかり責められないよ。ヨンスはなぜ言い訳しないの?

第12話「暴露」

セナはミューズのオーディションに出るが、反応は芳しくなかった。しかしヤン・ミミは、セナがソンジェと関係があることを知り、予選を通過させる。しかし他社を受けることは、正式な契約はまだとはいえ、許されないことだった。

ヨンスはミンチョルに弁解しようとするが、頑なな態度を崩さなかった。絶望したヨンスは別れを告げ、家を出て行くことにする。
荷造りしているヨンスを、ソンジェは送別会だと言ってヨイドの桜並木に誘い出し、ミンチョルに彼女を迎えに来るように連絡する。
駆けつけたミンチョルは、ヨンスと固く抱き合う。

「今の父の息子として今までどおり生きていく」と決めたソンジェはヤン・ミミを避けようとするが、ミミはソンジェの実の父イ・ヨンジュンを陥れ、死に追いやったのは養父であるイ・ソンチュンだと明かす。
衝撃を受けたソンジェは家に戻り母を問い詰めるが、泣くばかりで答えない。ソンジェは家を飛び出す。

ヨンス、ミンジの家庭教師のはずなのに、ミンジほったらかし。でも仲直りできてよかったですね~。

ミンジャは、前夫と今の夫の間に何かあったと感づいているようですが、さすがに殺されたとは思っていないようですね。

セナはマドンナが好きなようですが、胸も尻もない子どもがセクシーポーズしても、ちっともセクシーじゃないよ(笑)。

« 韓国ドラマ『美しき日々』第7,8,9話感想 | トップページ | 横浜市立大学エクステンション講座:ドイツ語講座のご案内 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国ドラマ『美しき日々』第7,8,9話感想 | トップページ | 横浜市立大学エクステンション講座:ドイツ語講座のご案内 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ