最近のトラックバック

« ドイツ映画祭2009『ソウル・キッチン』感想 | トップページ | ミハエル・ネグリン(ピンクのヴィンテージローズのクロスネックレス) »

ベルリンの「新博物館Neues Museum」再オープン!

今週末、ブンデスリーガ第9節の試合が行われました。ヘルタ・ベルリンは、ニュルンベルクと対戦、0対3でまた負けちゃったよ・・・。
ゴールの守護神ドロブニイが負傷中で、試合経験の少ない新人がGKとはいえ、8連敗。もう、しっかりして下さい(泣)。

さて、2009年10月17日(土)、ベルリン・博物館島の「新美術館Neues Museum」が再オープンしました!

1841年、隣の旧博物館Altes Museumが手狭になったため、プロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の命により、シュトゥーラーの設計で建てられた新博物館。先の大戦で破壊されたままになっていましたが、2003年より、イギリスの建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによって改築が進められてきました。そして70年ぶりに再開したというわけです。
前日16日の開館式にはメルケル首相も出席、一般公開された17日には、開館が10時なのにもかかわらず朝の7時から大勢の人が並んだそうです。

305423_1_neues_museum_04_dpa

≪Tagesspiegel の記事より≫

http://www.tagesspiegel.de/berlin/Neues-Museum-Mitte-Museumsinsel;art270,2925968

新博物館では、古代エジプト美術、パピルスのコレクション、先史~古代芸術のコレクションを見ることができます。
以前シャルロッテンブルク宮殿のそばにあったエジプト博物館に納められていたネフェルティティNofretete――「ベルリンで一番の美女」と言われている――の胸像も、こちらで展示されています。

Nofretete_06file

≪ネフェルティティの胸像(RBBオンラインの記事より)

http://www.rbb-online.de/themen/dossiers/museumsinsel/museumsinsel/das_neue_museum0.html

≪ 開館時間 ≫

日‐水 10:00 Uhr - 18:00 Uhr
木‐土 10:00 Uhr - 20:00 Uhr

≪ チケット ≫
入場規制のため、30分ごとに入場時間が区切られている。
大人10ユーロ
学生(16歳以上)等 5ユーロ
子ども(16歳未満)等 無料

公式ホームページ
http://www.neues-museum.de/index.php

ベルリンの美術館について、私のホームページでも紹介してます。(←宣伝)

« ドイツ映画祭2009『ソウル・キッチン』感想 | トップページ | ミハエル・ネグリン(ピンクのヴィンテージローズのクロスネックレス) »

ベルリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ映画祭2009『ソウル・キッチン』感想 | トップページ | ミハエル・ネグリン(ピンクのヴィンテージローズのクロスネックレス) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ