最近のトラックバック

« ユーディット・ヘルマン著『幽霊コレクター』感想 | トップページ | 「ヴァンクリーフ&アーペル ザ・スピリット・オブ・ビューティー」  »

軍艦島クルーズ

軍艦島とは、長崎県西彼杵郡高島町端島の俗称。明治23(1891)年より昭和49(1969)年の閉山まで、84年にわたって炭鉱の町として栄え、日本の近代工業化を下から支えてきました。
そして炭鉱で働く人たちのための住宅として、鉄筋コンクリートの高層アパートが、最終的には50棟近くも建てられました。そのため島影がさながら軍艦のように見えるようになったため、この俗称が付けられたとのことです。
閉山以降は島は無人となり、アパート群も廃墟となっていましたが、2009年4月末より上陸が可能になりました。

友人が長崎に旅行へ行って、その「軍艦島クルーズ」にも参加してきました。本人の許可を得ましたので、画像を紹介させていただきます。

Sn3j0157

天候等によっては上陸できないこともあるそうなので、「今回上陸できてラッキー」だったそうです。

Sn3j0154

Dsc00577

« ユーディット・ヘルマン著『幽霊コレクター』感想 | トップページ | 「ヴァンクリーフ&アーペル ザ・スピリット・オブ・ビューティー」  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーディット・ヘルマン著『幽霊コレクター』感想 | トップページ | 「ヴァンクリーフ&アーペル ザ・スピリット・オブ・ビューティー」  »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ