最近のトラックバック

« フレイ延齢堂のケーキ「カスターニャ」「カイザー」 | トップページ | Happy Birth Dayのケーキ「デボンキャロットケーキ」「ブラウニー」 »

DVD『ワルキューレ』感想

実際にあったヒトラー暗殺未遂事件を描いた、トム・クルーズ主演作品。

第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、ヒトラー暗殺を企む抵抗運動グループに誘われる。
祖国のために、暗殺計画≪ワルキューレ作戦≫の首謀者として、トレスコウ少将やオルブリヒト将軍ら、同志と着々と準備を進めていく―。そして、決行の1944年7月20日を迎えた。ヒトラーとその護衛たちを前に、大佐たちは計画を成功させられるのか…。


「ワルキューレ」は、国内で反乱が起こった際、国防軍・武装親衛隊を含め、全ての武装集団を予備軍の指揮下に置き、戒厳令を布告して全てを掌握する、という作戦のコードネーム。
それを逆手にとり、ヒトラー暗殺後に「ワルキューレ」を発動し、それをクーデターに利用して国内を一気に掌握する計画だった。
しかし暗殺は失敗、その後の対応も混乱を極め、クーデターは失敗、関係者は粛清された。

ヒトラーの暗殺計画は少なくとも43回は企てられたそうですが、このような軍内部が関与した大掛かりな作戦があったとは知りませんでした。

ただ映画は、なんというか、淡々と出来事を連ねていくだけでヤマがない、という印象。史実を無視してムチャクチャやったり、ヘンなメロドラマ仕立てじゃなくてよかったとは思いますが・・・。
トム・クルーズがやらなくてもいいじゃん。トムに「華」がある分、話が薄っぺらく感じた・・・。
実はこの作品の主演候補だったトーマス・クレッチマン、どんな風に物語に絡むのか注目してましたが、予備隊の責任者というだけの、誰がやってもいいって感じのチョイ役でした。クレッチマンで見たかったな~。

シュタウフェンベルクのいた陸軍最高司令部には、現在ドイツ連邦国防省がおかれ、その一角は、シュタウフェンベルクを記念する抵抗記念館となっています。

« フレイ延齢堂のケーキ「カスターニャ」「カイザー」 | トップページ | Happy Birth Dayのケーキ「デボンキャロットケーキ」「ブラウニー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

御覧になりましたか「ワルキューレ」。
是非とも観たかった映画ですが、観に行けませんでした。
TVの特番では見たことがあるんですけどね。
トムでは「華」がありすぎるように思われた様ですが、本物のシュタウフェンベルグ大佐は、実際男前だった様ですよ。
ヒトラー暗殺計画は仰る通り43回計画されたようですが、そのいずれもが奇跡に近い理由で尽く失敗しています。
「ワルキューレ」以前にも、ミュンヘンのビアハウスで爆破暗殺計画があったのですが、どう言う訳かヒトラーが演説を早々切り上げて助かったと言う事例等もあります。

yanoschさま、こんばんは!

本物のシュタウフェンベルグ大佐、記念切手になった写真を見ると、確かに男前ですね。負傷前のだけど。
ただ、トム・クルーズの「華」って、ハリウッド的な、冒険活劇を期待させるような「華」じゃないですか。そこがドキュメンタリータッチの物語とマッチしてなかったように思うのです。なんか違う、って感じ。

映画でも、コアントローに仕掛けた爆弾が、気温が低かったため作動しなかったというエピソードがありましたが、43回も殺されかけてその度生き延びたって、ヒトラーはどれだけ悪運が強かったのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレイ延齢堂のケーキ「カスターニャ」「カイザー」 | トップページ | Happy Birth Dayのケーキ「デボンキャロットケーキ」「ブラウニー」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ