最近のトラックバック

« 「ヴァンクリーフ&アーペル ザ・スピリット・オブ・ビューティー」  | トップページ | DVD『宮廷画家ゴヤは見た』感想 »

「THE ハプスブルク展」

六本木ヒルズから、乃木坂の国立新美術館へはしごしました。
この二つってすごく近いんですね。知らなかった・・・。
しかも途中に、ウィーンの紅茶専門店「
DEMMERデンメア」があるではないですか。
しかしまだ夏に買った「横濱ベイ」も飲み切っていないので、購入はまた今度、と思って中にも入らなかったのですが、カフェも併設されているようでした。

国立新美術館では、「THEハプスブルク」展を開催中。
「日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)とが国交を結んで140年の節目に当たる2009年、ウィーン美術史美術館とブダペスト国立西洋美術館の所蔵品から、ハプスブルク家ゆかりの名品を核に選りすぐった絵画75点と華麗な工芸品など、計約120点を一堂に展示します。」(チラシより)

平日の金曜日だし、そんなに混んでいないかと思いきや、けっこう混雑していました。
まずハプスブルク家の肖像画が展示されています。チラシに出ている「11歳の女帝マリア・テレジア」、有名な白いドレスの「オーストリア皇妃エリザベート」の前では黒山の人だかり。シシィ(エリザベート皇后の愛称)のこの絵って、こんなに大きかったのね・・・。

次いでイタリア、ドイツ絵画と続きます。ジョルジョーネ、ティントレット・・・名だたる画家ばかりです。
聖書から題材をとっている絵が多いので、ダブるのは当然なのですが、「生首」絵画が3点も。
クラナッハの「サロメ」はあまり血生臭くないからいいとしても(?)、「ホロフェルネスの首を持つユディット」が伊・独それぞれ出ています。イタリアの方は、ユディットも優雅な衣装を着て自然体で首を持っています(笑)が、ドイツの方は、振り返りつつ不敵に微笑むユディット、傍らには首(胴体側)の断面が・・・。
縦長キャンバスに等身大の肖像画を考案したというザイゼネッガー。どこかで聞いた名だと思ったら、『エロイカより愛を込めて』でエーベルバッハ少佐の家の所蔵品に入っている、ってエピソード(第1巻)があったな~。

デューラー「薔薇冠の祝祭」のコピー、という作品に興味を惹かれました。
聖母の右にいるのはハプスブルク家の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世。左はローマ教皇ユリウス2世だそうです。(オリジナルはプラハにあるとか。)

工芸品と武具の部門では、明治天皇がオーストリアに贈った画帖と蒔絵の棚が特別出品されていました。ここは特に渋滞していました。

そしてスペイン、フランドル・オランダ絵画と続きます。
ベラスケスの「白衣のマルガリータ・テレサ」「皇太子フェリペ・プロスペロ」はこのコーナー。皇太子は鈴やら護符やらいっぱいぶら下げていますが、これは病弱だった彼を守るための「おまじない」だったそうです。

久しぶりに西洋絵画を堪能しました。

http://www.habsburgs.jp/index.html

« 「ヴァンクリーフ&アーペル ザ・スピリット・オブ・ビューティー」  | トップページ | DVD『宮廷画家ゴヤは見た』感想 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ヴァンクリーフ&アーペル ザ・スピリット・オブ・ビューティー」  | トップページ | DVD『宮廷画家ゴヤは見た』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ