最近のトラックバック

« ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2009 | トップページ | ホレンディッシェ・カカオ・シュトゥーベの「ボーベス」 »

ドイツの若者言葉の流行語大賞2009Das Jugendwort des Jahres 2009

ブンデスリーガ、前期が終わってこれから約1ヶ月のWinterpause(ヴィンターパウゼ:冬休み)を迎えます。現時点での1位(Herpstmeister:直訳すれば「秋の優勝者)は、レーヴァークーゼンですが、我が(?)ヘルタ・ベルリンは最下位のまま・・・。
ヘルタ・ベルリンは、前期最期の試合をバイエルン・ミュンヘンと闘い、2対5で敗れました。
でも冬の補強で、2006/2007のシーズンに得点王に輝いたゲカスをレンタルで獲得。
後期はがんばってくれるはず・・・!

さて、辞書で有名なLangenscheidt社が選ぶDas Jugendwort des Jahres 2009(若者言葉の流行語大賞2009)が発表されました。
(ドイツ語の説明はオリジナルの文章にあったもの。)

1.) hartzen (ハルツェン)
arbeitlosen,rumhaengen 失業者 

おそらく、失業者政策「HartzⅣハルツ4」と関係があるのでしょう。

2.) bam (バム)

cool,endgeil 格好いい

3.) Bankster (バンクスター)

Bankangestellter,der in der Finanzkrise spekulative Geshaefte macht(e)
金融危機で投機的な取引をした銀行員
“Ganster”(ギャングスター)とかけたのかな。

4.) Rudelgucken (ルーデルグッケン)

Public Viewing  パブリックヴューイング

Rudelは「群れ」、guckenは「見る」。

5.) Pisaopfer (ピザオプファー)

Schulabgaenger mit mangelnder allgemeinbildung
一般教養が欠けている卒業生

直訳すれば「PISAの犠牲者」。PISAとは、Programme for International Student Assessmentの略で、OECD(経済協力開発機構)による国際的な生徒の学習到達度調査のこと。(日本では国際学習到達度調査とも言われている。)

≪Langenscheidt社 Das Jugendwort des Jahres 2009のページ≫

http://www.jugendwort.de/pr_meldung_07.cfm

« ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2009 | トップページ | ホレンディッシェ・カカオ・シュトゥーベの「ボーベス」 »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツの流行語大賞 Wort des Jahres 2009 | トップページ | ホレンディッシェ・カカオ・シュトゥーベの「ボーベス」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ