最近のトラックバック

« 韓国コスメ「スキンフード」ブラックシュガーマスク使用レポート | トップページ | DVD『私の頭の中の消しゴム』感想 »

フィリップ・クローデル『ブロデックの報告書』感想

戦後まもなくの頃、何処かの国境にある辺鄙な村で起こった殺人事件。村の男たちが共謀してある日突然やってきた男、名前も目的も分からぬまま「アンデラー=よそ者」とだけ呼ばれる男を殺害した。語り手であるブロデックが、村人たちから事件の「報告書」を書くよう依頼される。それは、事実そのものを記録するためではなく、「殺害はやむなし」と周囲に納得させるものでなけらばならなかった。

ブロデックは、その「報告書」を書く傍ら、いわば自分自身の報告書とでもいうべき手記を書き始める。 
ブロデック自身はアンデラー殺害に関与していない。呼ばれなかったのは、彼自身「よそ者」だったからある。
かつて戦争の時代、村を占領した異国の軍隊に「民族浄化」の実践を強要された村人から密告され、収容所へ送られた体験を持つ。ブロデックは、犬の真似をしてまで生き残ろうとし、かろうじて収容所から生きて帰ったのだ。

因習に囚われた村で起きた殺人、収容所でブロデックが体験したこと、戦時中村で起こった陵辱事件、と書かれている事柄は凄惨極まりないのだが、なぜか哀しくも美しく、その世界に没入してしまう。

どこの、いつの時代の出来事かはっきり書かれていない。しかし、その村がフランスとドイツの国境地帯にあり、村を占領した異国の軍隊――「フラテルゲカイメFratergekeime」と呼ばれている――は、ナチス・ドイツであることは容易に想像できる。
ブロデックはユダヤ人であり、養い親フェデリーヌが話す「古い言葉」とは、イディッシュだろう。

アンデラーder Andereという言葉は、ドイツ語で「もう一つの、別の」を意味する。
アンデラーは、宿を貸切りにし「肖像画と風景画」展を開き、村人を招待する。本人に知らされず描かれた肖像画は、本人にそれほど似ていないが、本人の本質や目を背けていたいことを思い出させるような画であり、風景画ですら何かしら暗示していた。何のためにそれを行ったのか、彼は答えなかった。

「人は黙っている人を恐れる。何も言わない人を恐れる。見つめているだけで何も言わない人を恐れる。」(p253)

それが引き金となって、あの悲劇がおこった。

異質なものを排除することで維持される共同体のシステム、というのがテーマの一つであろう。
それが国家規模で行われたのが、ナチス・ドイツの時代だ。国策によるユダヤ人迫害。「フラテルゲカイメ」の国の首都(=ベルリン)の大学に行ったブロデックが出くわした「ピューリシェ・ナハト(民俗浄化の夜)」は、ユダヤ人商店を襲撃した「クリスタルナハト(水晶の夜)」である。
しかし「異質なものの排除」は過去のものではない。現代でもなお、それは世界中のあらゆる場所で行われているのだ。

ブロデックの報告書 ブロデックの報告書

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


« 韓国コスメ「スキンフード」ブラックシュガーマスク使用レポート | トップページ | DVD『私の頭の中の消しゴム』感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国コスメ「スキンフード」ブラックシュガーマスク使用レポート | トップページ | DVD『私の頭の中の消しゴム』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ