最近のトラックバック

« 井村屋の「寅まん」 | トップページ | マックス・ラーベのソロアルバム『Übers Meer』 »

村岡総本舗の「小城(おぎ)羊羹」

またまた食べ物ネタです・・・。

「これおいしいから食べてみて!」といただいた、佐賀県は村岡総本舗の「小城(おぎ)羊羹」。

Youkan_001

「小城羊羹の名は、村岡総本舗創業の頃、村岡安吉によって名づけられました。江戸時代、京都・長崎あるいは江戸で創製されたといわれる練り羊羹そのままの、棹に流し一昼夜の後裁断する伝統の製法と独特の小豆の風味、やわらかな舌触りが小城羊羹の特徴となっております。」
(包み紙の説明より)

シャリシャリした白い砂糖の衣の下は、みずみずしいやわらかい羊羹。2つの食感が同時に楽しめるという逸品です。竹の皮に包まれてすごく高級そうですが、お値段は735円~とお手ごろ価格。
しっかりどっしりした甘さで、ほんとにおいしかったです。

ホームページを見にいったら、明治32年創業、昔から羊羹を作り続けている老舗であり、戦争中は海軍御用達として軍に納入されいたとか。
羊羹について熱く語っているページもあり、羊羹博士になれそう(笑)。
「とら焼き宗歓」もおいしそうだった。

« 井村屋の「寅まん」 | トップページ | マックス・ラーベのソロアルバム『Übers Meer』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 井村屋の「寅まん」 | トップページ | マックス・ラーベのソロアルバム『Übers Meer』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ