最近のトラックバック

« ジェルボーの「シシィチョコレート」 | トップページ | 三國万里子著『編みものこもの』のマフラー・その1 »

DVD『4ヶ月、3週と2日』感想

ルームメイトの中絶手術を手助けする女子大生の、長い一日を描いた『4ヶ月、3週と2日』。2007年のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞。『狙われたキツネ』と同じ、チャウシェスク政権下のルーマニアの状況が描かれています。

4ヶ月、3週と2日 デラックス版

1987年のルーマニア。大学生オティリアは、同室のガビツァの中絶手術を手伝うべく奔走していた。恋人から金を借り、安ホテルに向かったが、予約したはずの部屋が取れていなかった。やっとのことで他のホテルに部屋を取ったが、今度は体調不良のガビツァの代わりに、手術を頼んだモグリの医者を迎えに行かされる。

指定したホテルの部屋を取らず、本人も来なかったこと、それに金を満足に用意していない。しかも、妊娠2ヶ月と聞いていたのに、実は4ヶ月だった。4ヶ月を過ぎてからの中絶は殺人罪に問われる、とモグリの医者は腹を立てて帰ろうとする。しかし中絶をどうしてもしなければならないガビツァたちは、体で払うことに同意する。

チャウシェスク政権下では、ルーマニアでは人口増加政策にのっとり、中絶・避妊が禁止されていました。もっとも特権階級は別なようで、『狙われたキツネ』でも、秘密警察官の子どもを身ごもったクララは専門の病院で中絶できました。しかしこの映画のようにモグリの医者にかかって違法に中絶するしかないのが現状だったようです。

手術後のガビツァをおいて恋人の家を訪ねるオティリア。彼の母の誕生日に招かれたのだ。しかし「母のために花を買ってこなかった」と文句を言う恋人に苛立ちを抑えきれない。ガビツァの中絶を手伝ったことを恋人に打ち明け、「もし私が妊娠してたらどうする?」と問うが、恋人は「なんとかする」などと煮え切らない態度をとる。

恋人の家族とその客たちは、自分とは関係ない話題で盛りあがっている。そんななか、ひとり上の空のオティリア。
パーティのシーンでは、カメラは彼女を真正面に据えワンカットで撮っています。早く帰りたいというオティリアの焦りがよく伝わってきました。

電話しても出ないガビツァを心配してホテルに戻ると、タオルに包まれた胎児がバスルームに放置されていた。オティリアはそれを抱えて夜の街を歩き、医者から言われたとおりに高層ビルのダストシュートに投げ込んだ。

友人のために奔走するオティリアに対して、ガビツァ本人は能天気で腹がたつほど。自分のことなのに、なんか他力本願というか無責任というか。お金すらオティリアに用意させるとは。なんでこんな子のためにオティリアはそこまでしなきゃならないんだろう。胎児を自分で処理せず「ちゃんと埋めてね」には呆れた・・・

オティリアが夜の街を彷徨うシーンでは、手持ちカメラでブレブレの画面でしたが、それが彼女の不安や揺れる想いをつぶさに描き出していました。パーティのシーンでもそうですが、ひたすらヒロインに密着したカメラワークが、臨場感溢れる場面を作り出しています。

« ジェルボーの「シシィチョコレート」 | トップページ | 三國万里子著『編みものこもの』のマフラー・その1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジェルボーの「シシィチョコレート」 | トップページ | 三國万里子著『編みものこもの』のマフラー・その1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ