最近のトラックバック

« DVD『ダウト-あるカトリック学校で-』感想 | トップページ | ドイツの名づけランキング2009年 »

『DeLi』第10号 刊行

『DeLi』は、ドイツ語圏文学・文化の新しい動向を広く紹介する文芸誌です。
第10号が刊行されました。(去年の12月に出る予定って聞いていたけど・・・。)

目 次

巻頭エッセイ  『記念の日々と文学 最近のドイツ文学から』

詩     『ラジオの中に海』ユルゲン・ベッカー

短編小説 『漂える日々』ジャクリーヌ・モーザー

短編小説 『六本木』ヨーゼフ・ヴィンクラー

長編小説 『戦争と世界』ペーター・ウォーターハウス

戯曲    『シベリア』フェーリクス・ミッテラー

書評    想像力の殺戮者『黒魔術による世界の没落』
 
       『ネリー・ザックス詩集』綱島寿秀訳・編

劇評 『昔の女』(倉持裕演出)
 
映画評『そして、私たちは愛に帰る』

ヨーゼフ・ヴィンクラーの『六本木』は、題名から「外国人の目から見た日本」的なものを想像してしまうがそうではなく、父親の訃報を聞いた場所が六本木ということなんですね。オーストリアの農村、父の葬儀というモチーフ、それに一文一文が長いということで、トーマス・ベルンハルトの『消去』を想起させます。
フェーリクス・ミッテラー『シベリア』というのも、舞台はシベリアではなく老人ホーム。家族によって施設送りにされた老人が、シベリアで捕虜になったときのほうがまだマシだったと憂う話。

公式サイト:http://www.h7.dion.ne.jp/~deli/index.htm

« DVD『ダウト-あるカトリック学校で-』感想 | トップページ | ドイツの名づけランキング2009年 »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『ダウト-あるカトリック学校で-』感想 | トップページ | ドイツの名づけランキング2009年 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ