最近のトラックバック

« 清正井(きよまさのいど) | トップページ | ドイツ対セルビアは、0-1でドイツの負け »

6月17日通りStr. des 17. Juni

6月17日通りをご存知ですか?ベルリンの真ん中、ブランデンブルク門から西に延びる通りです。その途中には戦勝記念塔Siegessaeuleがあります。

6月17日。この日付はドイツにとって特別なのです。

1953年当時、ドイツ民主共和国(DDR)は深刻な経済危機に陥っていて、国民にあまりに苛酷なノルマを課しました。

 6月16日、東ベルリンのスターリン通り(今日のフランクフルター通りおよびカール・マルクス通り)で工事作業に従事していた労働者たちが、それに対してストライキを起こし、それがきっかけとなって、その翌日17日には全国規模の大規模な暴動に発展しました。どれだけの人がデモに参加したのかは不明ですが、40~150万人の間と言われています。
 これに対し、DDRはソヴィエト軍の力を借りて暴動を鎮圧しました。

1861118

≪写真はTagesspiegelより≫

 多数の死傷者を出したこの事件は西側にも衝撃を与えました。ティーアガルテンを東西に横断する大通りを「6月17日通り」と改称し、6月17日を東西統一まで旧西ドイツでは祝日として祝っていたのです。

今日のTagesspiegelの記事は、始まりはスターリン通りではなくて、フリードリヒスハインのランヅブルガー通りLandaburger St.の病院建設現場だった、という話。
病院建設現場の700人の労働者たちがデモ行進をし、その途中のスターリン通りの労働者たちにも行進を呼びかけた、ということだそうです。

 初めてベルリンに行ったとき、この道を歩きました。ツォー駅の隣のティーアガルテン駅から、途中のジーゲスゾイレに上って、それからブランデンブルク門へ向かいました。「ここがあの歴史の舞台か!」って感動しましたね~。そこからあちこち掘り返しているウンター・デン・リンデンを進んで、アレクサンダープラッツ駅を目指しました。

正確な距離は分からないけど、新宿から銀座まで歩いたようなものかしら。足が棒になったけど、楽しかったですね。

さて、いよいよ明日はセルビア戦ですね。試合開始時間は、ドイツでは13:30なので、学校が休校になったり、企業などではその時間、仕事を中断し観戦してもいい、ってことにしたところもあるらしいですよ。

 

« 清正井(きよまさのいど) | トップページ | ドイツ対セルビアは、0-1でドイツの負け »

ドイツ語」カテゴリの記事

ベルリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清正井(きよまさのいど) | トップページ | ドイツ対セルビアは、0-1でドイツの負け »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ