最近のトラックバック

« ドイツ大統領、辞任へ  | トップページ | フラッシュモブ »

ハノーファー動物園「ユーコンベイ」

ドイツの大統領の電撃辞任に関して、「日本の首相のよう」なんて言ってたら、ほんとに鳩山首相退陣しちゃったよ!過去の首相のことを念頭において言ったんだが・・・。私って預言者?

またまたシロクマのニュースを見つけました。

3c213a2382_5646

5月19日、ハノーファー動物園に新しい展示スペース「ユーコン・ベイ」がオープン。カナダのユーコン河流域をイメージした22.000㎡の広い敷地には、シロクマをはじめ15種類100匹以上の動物が暮らしています。

9f50b69076

シロクマのアークトスArktosとナヌークNanuq。この双子さんは、ウィーン動物園からやってきました。
フロッケやシュトゥットガルト動物園で生まれたヴィルベアと同い年ですね。このほかに、オランダのレネン(Rhenen)動物園から来たスプリンターSprinterがいます。

公式ホームページ:http://www.zoo-hannover.de/

« ドイツ大統領、辞任へ  | トップページ | フラッシュモブ »

動物園・水族館」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ご存知とは思いますが、大変困ったことが起きています。クヌートの父親のラルスが突然重体になりました。幸運なことに獣医さんの応急措置により一命をとりとめましたが、彼のパートナーだったイェルカは亡くなってしまいました。詳しくは私のブログをご参照下さい。(別にブログの宣伝しているわけじゃありませんが。)

しろくま狂さま、こんばんは!

ええ~!!クヌートのパパの「ラルス」、病気だったんですか!全然知りませんでした。「イェルカ」もかわいそうに・・・。突然重体と聞いて、口蹄疫みたいなものを想像してしまいましたが、しろくま狂さまのブログによると、「某国の某動物園の怪事件」との関連が疑われるって・・・いったい何があったんですか?
「ラルス」は快方に向かっているというので一安心ですが、もし陰謀があるとすれば、絶滅危惧種のシロクマを殺して何の得になるのでしょうか。

みんみん鳥さん
従来だったら、こういう事件が起こると、「これによって誰が一番利益を得るか」と考えたものですが、最近はこれが当てはまりませんね。

「某国の某動物園」とはウクライナのキエフ動物園のことです。その事件の経緯をブログに書き始めたところです。

しろくま狂さまのブログ、興味深く読ませていただきました。

犠牲になったのは、シロクマだけじゃなかったのですね。怪しいのは謎の中年男。動物を殺して得をするとかじゃなくて、動物が死ぬのを見て快楽を覚える悪質な変質者のようですね。
ヴッパタール動物園の場合は、その怪事件をどこか知った「模倣犯」か、たまたま何かの突発的な病気で急死しただけなのか・・・。

ベルリン動物園なんかもそうですが、オリじゃなくて柵で仕切られている程度ですから、誰でも毒を投げ込もうと思えば出来るわけです。ただでさえ人間の都合で動物園に押し込めているわけですから、せめて命だけは守ってあげられるように、何か対策を講じてもらいたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ大統領、辞任へ  | トップページ | フラッシュモブ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ