最近のトラックバック

« 「ホレンディッシェ・カカオ・シュトゥーベ」のフィンニッシャーヌスクーヘン | トップページ | DVD『ツィゴイネルワイゼン』感想 »

Berliner Eisenベルリーナー アイゼン

ベルリーナー・アイゼンとは、19世紀初頭に流行った鉄製の装身具のことです。

鉄製というと、無骨でアクセサリーっぽくないような気がしますが、写真を見ると繊細な細工で、かつ黒一色でシック。

Halskette

写真はベルリン州立博物館のサイトから

ウィキペディアによると、ベルリンの鋳鉄工場でつくった鉄製のアクセサリーを、プロイセンのマリアンネ妃が身に着けて流行らせたことから、「ベルリーナーアイゼン(ベルリンの鉄)」と呼ばれるようになったみたいです。

ベルリンのメルキッシェスムゼーウム(マルク地方博物館)などにあるらしい。

http://www.stadtmuseum.de/html/sammlungen/eisenkunstgussi.htm

鉄製の装身具についての博物館もあるそうですよ。
http://www.buderus-kunstguss.de/sixcms/detail.php/2183668

錆びてほとんど残っていないそうですが、アンティークショップなどで探してみるといいかもしれませんね。
目玉が飛び出るほど高いですが。

Appnov06

写真はベルリンのアンティークショップ「Ploetz Peters」のサイトから。こちらを見ると、アクセサリーだけでなく、レリーフとか彫像とか、いろんなアイテムがあったんですね。
しかし繊細な細工のアームバンドが2,000ユーロ、ため息が出ます。

« 「ホレンディッシェ・カカオ・シュトゥーベ」のフィンニッシャーヌスクーヘン | トップページ | DVD『ツィゴイネルワイゼン』感想 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

Guten Abend!
早速探してくるとは流石ですね。
私がこのアクセサリーを見つけた時は、本屋をはしごしまくって他のデザインの物を探したのですが、インターネットが普及した今考えると、当時の苦労が泣けてきます。
いや~便利な世の中になったもんだ。
ところでBerliner Eisen、真っ黒の鉄と言えどなかなか侮れない美しさでしょ。黒いレースのドレスなんかにあわせると、とっても合いそうですね。2,000ユーロはちょっと辛いですが、、、。

Guten Abend! Herr Yanosch

ほんとうにネットって便利ですよね。机の前に座っていながらにして、世界中の情報を集められるんですもの。
でもyanoschさまの情報提供がなければ、こんな素敵なものがあるなんて知りえなかったわけだし、感謝しています。

繊細なレースのようでほんとうに素敵ですね。
現代で黒いアクセサリーっていうと、クロムハーツとかのカジュアル系になってしまうんですよね。レプリカでいいから、200ユーロくらいであったら買っちゃうかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ホレンディッシェ・カカオ・シュトゥーベ」のフィンニッシャーヌスクーヘン | トップページ | DVD『ツィゴイネルワイゼン』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ