最近のトラックバック

« 今回のおみやげ:手芸編 | トップページ | CAFE SHIP »

「ドガ展」感想

横浜美術館で開催初日の「ドガ展」に行ってきました。初日で、開館直後だけあってまだ混雑していませんでしたね。

Degas_001

初期は、アングルなどの古典主義的な絵に傾倒していたドガ。肖像画やパリに出来たばかりの競馬場を描いた作品が展示されていました。

「踊り子」のモチーフの絵はたくさんあったけれど、やはり目玉の「エトワール」に目は釘付け!
思ったよりも小さな絵(A3くらい?)で、チラシなどに印刷されたものよりも白っぽい感じでした。

04

≪ エトワール ≫

41

≪バレエの授業 ≫

写真は横浜美術館のHPから

ドガは晩年、「湯浴みする女」のモチーフに夢中になったようで、入浴する裸婦の絵をたくさん描きました。でもさ、展示室いっぱいに女の尻の絵が並んでいると、「もしかしてドガってお尻フェチ?」とあらぬ妄想をしてしまう。
その他、習作や、写真や彫刻など晩年の作品も多数展示されていました。


ロビーには、「エトワール」の衣装を再現したチュチュが展示されていました。

Degas_002


横浜美術館はミュージアムショップも充実しています。奥の方はカフェになっていて、ドガ展限定の「ホワイトバレリーナラテ」(450円)がありました。


ホワイトチョコラテに花びらが散ってロマンチック。(←この花は食べられます。)

Degas_005

ランチには海の幸ピラフ(スープ付き、1,000円)をいただきました。

Degas_007

« 今回のおみやげ:手芸編 | トップページ | CAFE SHIP »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回のおみやげ:手芸編 | トップページ | CAFE SHIP »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ