最近のトラックバック

« ギュンター・グラス著『ひらめ』感想 | トップページ | リュドミラ・ウリツカヤ著『通訳ダニエル・シュタイン』感想 »

横浜赤レンガ・オクトーバーフェスト

あいにくの雨でしたが、週末は赤レンガ倉庫で開催中の
「横浜オクトーバーフェスト」に行ってきました。
どうせ、ドイツビールが飲めるだけのビアガーデンだろ、
とタカを括っていたのですが・・・。

Oktoberfest_001


行ったとき、ちょうどバイエルン民謡のバンドのステージをやっていて、
みんな立ち上がって肩組んで踊ったり歌ったりと異様な盛り上がり。
一緒に行った友人など、電車ごっこしている一群に
連れて行かれたりしてましたよ。
みんな、もしかして毎晩通っている?というぐらいノリがよくて、
圧倒されました。一人で来なくてよかったよ。

Oktoberfest_004


「イチ・ニ・サン、カンパ~イ」!
ってそこは
「Ein(アイン),Zwei(ツヴァイ),Drei(ドライ),
Prosit(プロージット)!」
とやって欲しかったけど・・・。
そうそう、席に座っていると「カンパーイ」って言いながら
回って来る外人さんとかいて面白かったな~。
・・・酔っ払いめ。

Oktoberfest_007


さて、ビールですが、いろんな種類があって面白かったですよ。
とりあえず、
左がエルディンガーのヴァイツェン(黒)1,400円、
右がケストリッツァー(黒)900円です。

Oktoberfest_005


ほかにデポジット(保証料)として、1000円がかかります。グラスを返せば1000円も戻ってくる仕組みです。
ほかにも、ホフブロイとか本場ミュンヘンのオクトーバーフェスト公式ビールとかありましたね。

つまみはソーセージの盛り合わせを。

Oktoberfest_008


超満員だったので、席を確保できたのはステージが終わったあと。
友人と「ドイツではクナイペ(居酒屋)は行ったことあるけど、もっとすごいね」とか「他の国で、こうやって飲むってあるのかね」なんて話をしました。友人は「フランスでは見なかったな~」と言ってましたね。


横浜赤レンガオクトーバーフェスト公式ホームページ:
http://www.yokohama-akarenga.jp/oktoberfest2010/

« ギュンター・グラス著『ひらめ』感想 | トップページ | リュドミラ・ウリツカヤ著『通訳ダニエル・シュタイン』感想 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おこんばんは。 ご無沙汰です。
先程仕事から帰ってきました。
赤レンガのオクトーバーフェストレポート、楽しく拝見しました。規模としては京都の国際交流会館で開催された物より大きくて、楽しそうですね。
ソーセージ盛り合わせも京都のよりゴージャスですな。
エルディンガーのデュンケルヴァイスも、ケストリッツァーシュヴァルツビアも、カラメル風味で飲みやすかったのではないですか?
出来ればやっぱり期間限定のオクトーバーフェストビアを飲んで頂きたかったなぁ。
ヘレスビアよりも色が濃く結構甘めでグビグビいけますよ。
そうそう、「Ein,Zwei,Drei」と数えた時は「Prosit!」ではなく
「Zum Wohl!」ですぜ、旦那。

お仕事お疲れさまです。

座るところがなくてウロウロしていたら、エルディンガーのお店の呼び込みの人に「もうすぐ乾杯の音頭をとるから、ビールを持ってないと~」みたいに言われて、じゃこれでいいか、と買った次第。
一緒に行った友人が「ドイツパンの味がする」と言っていましたが、小麦の風味と言うか甘くておいしかったですね。下戸の私は大半残して、友人に残りを飲んでもらいましたが。
次の機会にはオクトーバーフェストビアいってみますね~。

「Prosit!」ではなく「Zum Wohl!」ですね。
勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギュンター・グラス著『ひらめ』感想 | トップページ | リュドミラ・ウリツカヤ著『通訳ダニエル・シュタイン』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ