最近のトラックバック

« リュドミラ・ウリツカヤ著『通訳ダニエル・シュタイン』感想 | トップページ | コールドストーンクリーマリーの「メルティン・ワッフル」 »

韓国映画『グッド・バッド・ウィアード』感想

ブログの記事を書くために公式サイトを見にいったんですがね、何あれ。
「ムチャクチャデイイノダ!」という幼稚なキャッチコピーに、3原色で塗り分けた構成。なんか大学の学祭のチラシのよう。サイト製作者のナルシシズムの垂れ流しを見たようで・・・。なによりも、映画の雰囲気と合っていないのが致命的。

ま、それはおいといて。

Zatu_071

≪ 映画公開時、映画館に貼ってあったポスター≫


GOOD(いい奴)=パク・ドウォン 凄腕の賞金ハンター。
BAD(悪い奴)=パク・チャンイ プライドの高い馬賊のボス。テグと因縁がある。
WEIRD(変な奴)=ユン・テグ マヌケなこそ泥。に見えて・・・。


混乱が続く1930年代の満州。こそ泥のユン・テグは大陸横断鉄道に強盗を仕掛け、日本軍人から謎の地図を手に入れる。だがその時、列車が別の何者かに襲撃を受ける。襲撃したのはパク・チャンイの率いる馬賊たちで、彼らは偶然テグが手にした宝の地図を狙って来たのだ。さらにそこに列車に乗っていた賞金ハンターのパク・ドウォンも加わって、3人は宝の地図を巡って争奪戦を繰り広げることに・・・。

題名は、『続・夕陽のガンマン』の原題の『The Good, The Bad And The Ugly』をパクってるらしい。
雑多な満州の街での銃撃戦や、『ベン・ハー』を思わせる、砂漠での人馬入り乱れた追撃シーンなど、見どころは満載。しかもCGを使っていないそうで、迫力も満点です。

メインキャラクターを演じるのはソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソンと、韓国を代表するトップ俳優たち。

チョン・ウソン、何やっても決まる、クールでスマート。闇市でのロープを使ったアクションとか、砂漠の大チェイスで馬を走らせながら銃を回して撃つガンファイトとか、格好よすぎて、面食いの私はクラクラしましたよ。

イ・ビョンホンもスーツと黒革の手袋をビシッと着こなした、花形満ヘアの悪役を演じ、鍛え抜かれた彫刻のような肉体を惜しげもなく披露していましたね。
ユン・テグの名を聞いて逆上し、相手を冷酷に切り刻むときの表情、怖かったですよ。
でもテグとの因縁が明かされた辺りからイロモノ的な雰囲気が出てきて残念。

でもね、チョン・ウソンもイ・ビョンホンも、所詮ソン・ガンホの引き立て役に過ぎないのです。
チャンイがドウォンを巻き込んで、3人での決闘に持ち込もうとするのも、正攻法ではユン・テグに勝てないからと言っていたし。
最後にユン・テグとチャンイの因縁が明かされます。ユン・テグは、ドウォンが追っている「指狩り魔」の正体で、チャンイの指を切り落としたのもテグだった。
一日も忘れたこともない、というチャンイに対し、「俺は忘れた、お前も忘れろ」と笑うシーンは背筋が寒くなりましたね!
コミカルな言動で笑わせておきながら、突然ナイフを突きつけるような演技はさすが、ソン・ガンホ。

ストーリーも破綻していると言うか、最後のほうには宝のことなどそっちのけ。砂漠の阿片窟のシーンなど無駄な場面も多かった。
「西部劇をやりたかっただけとちゃう?」ような映画ですが、3人3様の格好よさを楽しめる、コテコテで痛快なアクション映画です。

「グッド・バッド・ウィアード」公式HP:http://www.gbw.jp/

グッド・バッド・ウィアード 特別版

« リュドミラ・ウリツカヤ著『通訳ダニエル・シュタイン』感想 | トップページ | コールドストーンクリーマリーの「メルティン・ワッフル」 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。観てくださったのですね!
この映画「ラストが何パターンもあった」ことで分かるように、ジウン監督が欲張りすぎました。
「阿片窟」は不要です。(そのかわり「テグとチャンイの因縁話」は、もっと丁寧に描いてほしかったですね。)
ウソンさんと違い、乗馬経験の乏しいビョンホンさんでしたが、なんと!そのトレーニング初日に自宅で足首を剥離骨折。「上半身しか鍛えられなかった」というウラ話があります。(笑)
ウソンさんは颯爽とカッコイイけど、滑舌がイマイチ。
ガンホさんは相変わらず達者な仕事振り。
ビョンホン・ファンとしては、彼のチャレンジ精神を高く評価。
総合で70点を付けました。(笑)

Karinさま、お久しぶりです~。
目の具合はいかがですか?

満州が舞台と言うことで、日本軍まで引っ張りだしてましたが、いらなかったですよね。
余計なエピソードを削って3人のキャラクターをもっと丁寧に描いてくれたら・・・。無駄に豪華な空撮とか、技術がもったいない。

DVD特典の3人+監督による解説編も見ましたが、仲良くっていい感じでしたね。
ビョンホンさん、骨折されていたんですか。
ウソンさんやガンポさんも怪我や高山病に苦しめられたりと、苛酷なロケだったようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リュドミラ・ウリツカヤ著『通訳ダニエル・シュタイン』感想 | トップページ | コールドストーンクリーマリーの「メルティン・ワッフル」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ