最近のトラックバック

« ドイツ統一20周年 | トップページ | ペーパードライバー講習⑥ »

「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン」展感想

1919年にドイツ、ヴァイマールに誕生した造形芸術学校、バウハウス。ヴァイマール、デッサウ、ベルリンと拠点を変え活動し、1933年、ナチスの台頭とともに閉校を余儀なくされました。
しかしその機能的でスタイリッシュなデザインは、今なお世界中のデザインや建築に大きな影響を与え続けています。

本展では、バウハウスのキッチン関連の作品を紹介し、新しいデザインとは、新しい女性像とは、新しい生活様式とは、ということを問い直そうとするものです。

造形大学の多くが女性に門戸を開いていなかった1919年当時、バウハウスでは多くの女学生を採用し、彼女たちはテキスタイルを扱う織物工房で学びました。
ということで、「新しい女性像」のテーマについては女学生たちのテキスタイル作品の展示がありました。水色とグレーの縞の光沢のある布地で作ったワンピースがありましたが、今見ても全然古くない。
食器類、現代では当たり前の同一規格の資材を使った実験住宅「アム・ホルン・ハウス」のパネル展示がありました。
(これを見にヴァイマールまで行ったなあ・・・)

でもね、感想を一言で言えば、ちょっと物足りなかったですね。施設自体小さいから、展示数が限られるのはしょうがないけど・・・。
目玉と言えば、バウハウスの教師たちの住宅≪マイスターハウス≫のキッチンを再現した実物大模型がありましたね。公式サイトにも紹介ありませんが・・・。

Bauhaus_002


≪バウハウス展で買ったクリアファイル。赤字に黒で格好いい!≫

公式ホームページ:http://panasonic-denko.co.jp/corp/museum/exhibition/10/100918/


ついでに同じ敷地内にある旧新橋停車場

Undoukai_011

« ドイツ統一20周年 | トップページ | ペーパードライバー講習⑥ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ統一20周年 | トップページ | ペーパードライバー講習⑥ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ