最近のトラックバック

« DVD『幸せはシャンソニア劇場から』感想 | トップページ | ピンクの2目ゴム編みマフラー »

ドイツの若者言葉大賞Jugendwort des Jahres2010

早いものでもう12月です。
いち早く、今年の「ドイツの若者言葉」大賞Jugendwort des Jahres 2010が発表されました。

トップ5は次のとおり。

1.) Niveaulimbo ニヴォーリンボー

Niveauは「レベル、水準」、limboはリンボーダンスのリンボーで、意味としては「レベルの絶え間ない低下ständiges Absinken des Niveaus」だそうです。特にテレビ番組と関連して使われるようです。


2.) Arschfax  アルシュファックス

「ズボンの下からのぞいた下着のタグUnterhosenetikett, das hinten aus der Hose hängt」
・・・いわゆる「見せパン」のこと?

3.) egosurfen  エゴザーフィン

インターネットの検索マシンに自分の名前を入力すること seinen eigenen Namen in Internet-Suchmaschinen eingeben

この言葉じたいは1995年くらいから聞かれ始めたけれど、昨今のソーシャルネットワークの普及で、改めて時事性を帯びてきたので今回の受賞となったようです。

4.) Speckbarbie シュペックバービー

Speckはベーコンのこと。
「ピチピチの服で着飾った女の子 aufgetakeltes Mädchen in viel zu enger Kleidung」のこと。日本でも「ボンレスハムみたい」とか言うよね。

Image70541panov9freekmvf

5.) n1, nice one
うまくやった、イカシた行動 gut gemacht, geile Aktion!
チャットとかで“Nice one!”って書く代わりに“n1”って書くようです。
日本でも「GJ(=Good Job)」って略して書いているの、ときどき見ますね。そんな感じ?


http://www.jugendwort.de/pr_meldung_11.cfm


« DVD『幸せはシャンソニア劇場から』感想 | トップページ | ピンクの2目ゴム編みマフラー »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD『幸せはシャンソニア劇場から』感想 | トップページ | ピンクの2目ゴム編みマフラー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ