最近のトラックバック

« 江ノ島で火事 | トップページ | マックス・ラーベ ニューアルバム『KÜSSEN KANN MAN NICHT ALLEINE』1月28日発売! »

DVD『映画は映画だ』感想

編み物しながら見るには、あまりまったりしてませんが。とりあえず、後ろ身頃まで出来ました。

映画は映画だ


映画俳優のスタは、撮影なのにもかかわらず、アクションシーンでつい本気になって相手にケガを負わしてしまう。 現在撮影中の新作映画でも、すでに2人も病院送りにしてしまった。相手役を探すが、もはや誰も引き受けてはくれない。 スタは、つい先日ふとしたことで知り合った、スタのファンで俳優志望だったというヤクザ、ガンペに声をかける。 今でも俳優になる夢を忘れられないガンペは、スタの誘いに乗る。

監督に何度もダメ出しを出されつつも、楽しそうに撮影に参加するガンペ。いつしか、「ヘタな俳優より上手い」と監督も認めるほどに。
しかし「本業」の方では、ボスであるぺク会長の裁判を控えて、パク社長に協力を仰いだのにもかかわらず裏切られてしまう。パク社長を始末しようとするが、気が変わって国外に逃す。部下は、映画に影響されているのではないか、と懸念する。

スタには秘密の恋人がいて、密会しているところをチンピラに撮られて脅迫される。
金の用立てをガンペに頼んだが、ガンペは先回りしてそのチンピラに制裁を加えようとした。「自分がヤクザを雇ったと誤解される」とスタは怒る。


国外に逃したはずのパク社長が戻ってきていた。裏切りををぺク会長にも知られ、ガンペは後がない。今度こそ息の根を止めようとパク社長を襲うが返り討ちにあう。

辛うじて命拾いしたガンペは映画の撮影に戻り、無事映画が完成する。
打ち上げにも出ずに去ろうとするガンペをスタが追いかける。
理由を聞くスタにガンペは、
「映画を撮る。お前がカメラだ。しっかり撮れ。」
そう言ってスタの目の前で、パク社長を殴り殺した。

いや~、最後のところすごかったですね~。いくらヤクザ映画に出ていても、所詮スタは一般人。「映画」は「映画」でしかない、違う世界に住んでいる人間なのだと、ガンペがスタに見せつけた、って感じです。

カン・ジファンとソ・ジソプ、2大韓流スターの競演ですが、ソ・ジソプに勝敗があがるかな。目力がすごい!陰のある役のほうが、どうしても見せ場を作りやすいしね。

« 江ノ島で火事 | トップページ | マックス・ラーベ ニューアルバム『KÜSSEN KANN MAN NICHT ALLEINE』1月28日発売! »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江ノ島で火事 | トップページ | マックス・ラーベ ニューアルバム『KÜSSEN KANN MAN NICHT ALLEINE』1月28日発売! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ