最近のトラックバック

« マックス・ラーベ ニューアルバム『KÜSSEN KANN MAN NICHT ALLEINE』1月28日発売! | トップページ | 井村屋の「うさまん」 »

韓国ドラマ『魔王』第1,2話感想

友人が「面白い」というので、遅ればせながら見てみました。

第1話『真実は友達を自由にしない』


廃車場で高校生の乱闘事件が起こり、殺人事件となった。
事件はある少女が、殺人現場にあったボールを通じて、その残像から「目撃」したのだった。
少女にはサイコメトリー能力(物体の記憶を読むの能力)があったが、彼女はこの事件を契機に自分の特殊能力に気づく。

12年後、少女は図書館司書として働いていた。彼女の名は、ソ・ヘイン。

ある日、本を読んでいた若い男性に目を留める。前に会ったことがある・・・。しかしオ・スンハと名乗るその男性は、覚えがないという。別れ際、握手をすると怖ろしい映像が見え、その夜、ヘインは事件の夢を見てうなされる。

刑事であるカン・オスの元に1つ小包が届く。中には謎めいたメッセージと1枚のタロットカードが入っていた。カードには「審判」の文字があった。

それと同じ頃、同じカードを受け取ったクォン弁護士が何者かによって刺殺される。
そしてクォン弁護士が殺害される直前に彼の携帯に着信させていた弁護士オ・スンハの存在が浮上する。

警察署のチーム長パン・チャンホは、現場に残されていたタロットカードを描いたのがへインだと聞いて、彼女に協力を仰ぐ。

へインは、昔チャンホが担当した事件をその能力で解決に導いてくれたことがあった・・・。


第2話『すべての要素が1つの全体をなす』

オスやクォン弁護士に送られてきた小包は、いずれも犯人と思われる人物から第三者を経て発送されていたことが分かる。

クォン弁護士は、オスの家の顧問弁護士であった。
オスは捜査を進める中で、オ・スンハがクォン弁護士に電話をしていたとき、クォンが自分の父と兄と会食をしていたことを突き止める。しかし電話していたときの状況は、スンハの証言と食い違っていた。そのことから、オスはスンハに疑惑の目を向ける。

オスはヘインに対してクォン弁護士を殺害した凶器から情報を読むように頼むが、まるで実験台にでもしようかという態度に、過去にトラウマを持つ彼女はその依頼を断わる。

当時、事件を彼女の能力で目撃したということを警察には信じてもらえず、唯一親身になって聞いてくれたのが、チャンホの後輩であるチャ・グァンドゥ刑事だった。現在彼は、スンハのもとで事務長をしていた。

しかし後日オスの誠実な謝罪に依頼を了承し、ヘインは遺留品を透視する。
彼女のビジョンに見えた男性は、チョ・ドンソプだった。

ある日、警察にチョ・ドンソプ本人が出頭する。そして彼の弁護人としてオ・スンハが現れたが・・・。


ガラッぱちで正義感の塊のような、2時間ドラマで船越英一郎がやりそうなタイプのカン・オス。

貧しい人でも無償で弁護してやったり、奉仕活動を支援したりしている天使の顔と、事件を手引きしているかのような怪しさを持つオ・スンハ。
第2話で堕天使ルシファー=サタンに喩えられていましたが、チュ・ジフン、納得の妖しさですね。

タロットカード、サイコメトラーなんてキワモノ演出だな~、と最初思っていたのですが、この二人の因縁は?過去にいったい何が・・・?って感じで引き込まれてしまいました。

« マックス・ラーベ ニューアルバム『KÜSSEN KANN MAN NICHT ALLEINE』1月28日発売! | トップページ | 井村屋の「うさまん」 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マックス・ラーベ ニューアルバム『KÜSSEN KANN MAN NICHT ALLEINE』1月28日発売! | トップページ | 井村屋の「うさまん」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ