最近のトラックバック

« 予言ダコ「パウル」君の記念碑 | トップページ | ウィーンの紅茶商「デンメア テーハウス」Demers Teehaus »

岩崎夏海著『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』感想

経営学を論じてるとは思えぬ「萌え絵」がインパクト大の表紙とライトノベルのようなノリ。話題の『もしドラ』ですが、図書館で昨年5月に予約したのが、半年たった今、ようやく順番が回ってきました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらBookもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


川島みなみは、病気で入院した親友の代わりに、弱小野球部のマネージャーになった。「この野球部を甲子園に連れて行く」という目標を達成するため、ドラッカーの組織経営についての本『マネジメント』を参考にしながら、野球部の改善に乗り出す。

欧米では「マネージャー」というのは、指導監督するもの、責任者のことですが、日本ではほぼ「お世話係」。
野球部のマネージャーが何をすればいいのか知らなくて、本屋で「マネージャーについての本下さい」と言って渡されたのがドラッカーの『マネジメント』。

野球少女だったのに、野球部のマネージャーの役割について知らないというのはちょっと不自然なんだけど・・・「女子マネがなんで俺たちに命令するんだよ!」って反発する男子もいないし、監督さえも手のひらで転がしているし、ドラッカーのマネジメント哲学の展開に沿って都合よく(?)物語も展開しています。

でも確かに分かりやすい。みなみが参考にしたという『マネジメント』のエッセンシャル版をさっそく予約しました。

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]Bookマネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

著者:P・F. ドラッカー,上田 惇生
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 予言ダコ「パウル」君の記念碑 | トップページ | ウィーンの紅茶商「デンメア テーハウス」Demers Teehaus »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予言ダコ「パウル」君の記念碑 | トップページ | ウィーンの紅茶商「デンメア テーハウス」Demers Teehaus »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ