最近のトラックバック

« 新作ニット:手紡ぎ毛糸のベスト | トップページ | ナンシー・ヒューストン著『時のかさなり』感想 »

勝間和代著『断る力』 感想

今をときめく経済評論家、多くの女性に人気の勝間和代氏の『断る力』を読んでみました。

断る力 (文春新書)Book断る力 (文春新書)

著者:勝間 和代
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分の成長のプラスにならないような仕事や雑用は上手に断って、その分を自分を磨く時間に使いましょう。そして「コモディティ(汎用品)」から抜け出して「スペシャリティ」になるのです。

で、その「断る力」を身に着けるためのノウハウ、というより考え方が「こう努力すれば、ああなる!」的に提示されているわけですが、これってある程度対象が限られるな~、と思いました。
そもそも万人にあてはまる「成功のノウハウ」ってないわけで、この本のこれは私にも使えるかな~、ってところだけ取り入れるしかないのだが。

世の中のたいていの会社は、マッキンゼー(著者が勤めていた会社)みたいじゃないから。
小さな職場では仕事の大半が雑用がらみだったり、自分が一番下で断ってもどうせ回ってくる、とか担当している自分がやったほうが早い、とか、そういうケースの方が多いと思うのですよ。

そんな私のような人には、いかに仕事を早く効率よく片付けるかというスキルを身に着けるのが先。

まあ、やみくもに「それは雑用だからできません」と断るのは組織の一員としてどうよ、なのですが、
上司が思いつきでものを言っているなというとき・・・どうしても的確・建設的とは思えない指示を出してきたときには、やっぱり「断る力」を発揮すべきなんですよね。

以前職場のHPをつくったときに、「職員しか見られないページを作って交流の場としよう」と上の人が言ったことがありました。担当メンバーは「交流のためだけのページなんて誰も見ない」と反対したのですが、結局上の人の言うことだから逆らえなくてつくりました。でも案の定、そのページほとんど活用されていません。そんなのに大金をつぎ込むんなら、賞与に色をつけて欲しかった・・・。

本著でも「空気を読んだ上で無視できる力を身に着けよう」と提案していますね。上の人が言ったことだからといって唯々諾々と従うことはせず、とんちんかんな指示でも、よりよい方法、双方が納得のいく方法を提示したり、可能ならばその指示を葬り去るスキルを身につけたいものです。しかも事を荒立てずに。

これが難しいんですよね。女の部下に「NO」と言われただけで逆ギレする男性上司、少なからずいますから。こんな人と対決したところで「退場させられる」のはこちらのほう。私も意に染まぬ転勤を経験しました。・・・つまりそれだけうまく立ち回れなかったということだけど。

ともあれ、上手く断るためには、相手の立場・状況をもよく考察し尊重し、その上で自分の主張を通す。そういう駆け引き、「アサーティブ」こそが「断る力」の本質、ということのようです。

« 新作ニット:手紡ぎ毛糸のベスト | トップページ | ナンシー・ヒューストン著『時のかさなり』感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まいど、おこんばんは。
この手の本、他にも色々ありますよね~。
超今時ビジネスライクな会社勤めの
スーパー今時ビジネスライクな超今時サラリーマンだったら使えるのかもしれませんが、
私の様な超昔時な仕事をしている職人には、全く参考にもなりません。
と言うより、日本社会においてあのような事を平気で本に出来る感覚が良く解りません。
この手の色々な本を読んでその通り実践した人の中に、そのまま日本の会社で仕事を続けている人が居るのかどうかの方が気になります。
かの有名な松○政経塾の一番弟子という人の話しを聞いた事もありますが、はっきり言って、松○政経塾においても伝統産業の本質を全く理解していませんでしたから。
別に彼らに何の恨みも無いので仰っている事を使える人が使えばいいだけなんですけれど、日本社会で通用するとは思えませんねぇ。

yanoschさま

言われてみれば、日本社会じゃ、仕事でNOというのはNGに近いですものね。「パートだから、時給以上のことはしません」って開き直っている人はともかく。

NOと言っても潰されない環境や本人の能力があるからこそ、成功してこういう本が書けるわけですよね。
この手の本が、参考になりそうでならない理由がわかったような気がします。

勝間氏の人気は、成功した女性が別のやり方を見つけてもっとハッピーに、というところにあるものだと思います。この方も成功するためにものすごい努力をされたんでしょうが、レベルが違いすぎて真似できないですね。

この本が売れているとしたら、やはり上手に断る方法を模索している人が多いんだな~、ということなのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新作ニット:手紡ぎ毛糸のベスト | トップページ | ナンシー・ヒューストン著『時のかさなり』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ