最近のトラックバック

« 韓国ドラマ『魔王』第5,6話感想 | トップページ | ギュンター・グラス著『鈴蛙の呼び声』感想 »

マックス・ラーベ『Küssen kann man nicht alleine』のビデオクリップと歌詞の試訳

1月に発売されたばかりの『Küssen kann man nicht alleine』のキュートなビデオクリップを発見しました。

歌詞にルビをつけてみました。
訳は私の直訳です。単語がわからないところがあって未完ですが、雰囲気は伝わるンではないかと。
"Kein Schwein ruft mich an"と同様、独り者の悲哀(笑)を描いた曲で、ラーベさん(アネッテ・フンペさん)との作詞作曲です。

Alles krieg ich alleine hin
アレス クリーク  イッヒ アライネ ヒン
ihr staunt wozu ich fähig bin
イーア シュタウント ヴォツー イッヒ フェーリヒ ビン
und weil mich keiner besser kennt
ウント ヴァイル ミッヒ カイナー ベッサー ケント
bin ich selbst mein Assistent.
ビン イッヒ ゼルプスト マイン アシステント

すべて僕は一人でやってのける
君たちは僕ができることにびっくりするだろう
なぜなら誰も僕よりよく知らない
僕自身が僕のアシスタントだから。

halt meine eignen Poker und
ハルト マイネ アイクネン ポーカー ウント
Psychoanalysestunden
プシヒョアナリューゼシュトゥンデン
trag mir selbst Gedichte vor
トラーク ミア ゼルプスト ゲディヒテ フォア
sing mit mir im Doppelchor
ジンク ミット ミーア イム ドッペルコーア
besiege mich bei Schachpartien
ベジーゲ ミッヒ バイ シャッハパルティーエン
hab mir das meiste selbst verziehn
ハプ ミーア ダス マイステ ゼルプスト フェアツィーエン
kann für mich eine Lanze brechen
カン フュア ミッヒ アイネ ランツェ ブレッヒェン
mich im Zweifel auch bestechen
ミッヒ イム ツヴァイフェル アオホ ベシュテッヒェン

ポーカーと心理分析の時間をもち
僕自身に詩を朗読してあげる
自分と二重唱を歌う
チェスの勝負で自分を負かす
大半のことを許してやった
槍を自分に突き刺すことも出来る
自分をためらいながら丸め込むことも

Greif mir selbst den Staffelstab
グライフ ミーア ゼルプスト デン シュターフェルシュタブ
und nehm mir auch die Beichte ab
ウント ネーム ミーア アオホ ディー バイヒテ アプ
doch gibt’s nen Punkt an dem ich scheiter
ドッホ ギプツ ネン プンクト アン デム イッヒ シャイター
da käm` auch andre nicht weiter.
ダー ケーム アオホ アンデレ ニヒト ヴァイター

自分でバトンを持って
自分の懺悔も自分で聴く
そこが失敗したところ
だから他の人はもう来ないだろう

Küssen kann man nicht alleine,
キュッセン カン  マン ニヒト  アライネ
und ich sag dir auch den Grund.
ウント イッヒ ザーク ディア アオホ デン グルント
Küssen, das geht auf keinen Fall alleine,
キュッセン ダス ゲート アウフ カイネン ファル アライネ
denn dazu brauch ich einen andern Mund.
デン ダツー ブラオホ イッヒ アイネン アンデルン ムント

キスは一人じゃ出来ない
君にそのわけを言うよ
キス、それはどんな場合でも一人じゃムリ
だからそのために僕には唇がもう一つ必要なんだ

Allein ist das unmöglich,
アライン イスト ダス ウンメークリッヒ
ich weiss genau das geht nicht,
イッヒ ヴァイス ゲナウ ダス ゲート ニヒト
versuche entenkläglich,
フェアズーヒェ エントエンkレンクリッヒ
das ist nur vertane Zeit.
ダス イスト ヌア フェアターネ ツァイト
Ich müsste mal erwidern,
イッヒ ミュステ マル エアヴィーダーン
und endlich kapieren,
ウント エントリッヒ カピーレン
da hilft kein Meditieren,
ダー ヒルフト カイン メディティーレン
küssen kann man nur zu zweit.
キュッセン  カン  マン ヌア  ツー ツヴァイト
Ich wär dazu bereit.
イッヒ ヴェア ダツー ベライト

一人なら不可能
上手く行かないことをまさに知っている
versuche entenkläglich,
das ist nur vertane Zeit.
僕は答えなければならなかった
そして最後に分かった
瞑想は助けにならない
キスならたった二人で出来る
僕なら準備できているんだけどな

Ich habe mich sehr gut im Griff,
イッヒ ハーベ ミッヒ ゼーア グート イム グリッフ
bin mein Captain und mein Schiff
ビン マイン カピテン ウント マイン シッフ
gerat ich auch mal in die Miesen,
ゲラート イッヒ アオホ マル イン ディー ミーゼン
führ ich mich aus allen Fliesen,
フューレ イッヒ ミッヒ アウス アレン フリーゼン

自分のことはよく分かっている
僕は自分のキャプテンで船だ
gerat ich auch mal in die Miesen,
タイルから自分を導く

spionier mich selber aus,
シュピオニーア ミッヒ ゼルバー アウス
stell mich ein und schmeiß mich raus,
シュテル ミッヒ アイン ウント シュマイス ミッヒ ラウス
fahr mir hinten rein,
ファール ミア ヒンテン ライン
hau mir danach aufs Nasenbein.
ハウ ミア ダーナッハ アウフス ナーゼバイン

Isst mir aus der Hand,
イスト ミア アウス デア ハント
und klatscht mich an die Wand,
ウント クラッチュト ミッヒ アン ディー ヴァント
Ich lass mich aus und lüg mich an,
イッヒ ラス ミッヒ アウス ウント リューク ミッヒ アン
das ist es was ich sehr gut kann.
ダス イスト エス ヴァス イッヒ ゼーア グート カン

手から食べたり
自分を壁にぶつけたりすると、
僕は自分を遠ざけて自分に嘘をつく
それが僕が実によく出来ること

Nur…
ヌア
ただ

Küssen kann man nicht alleine,
キュッセン カン  マン ニヒト  アライネ
und ich sag dir auch den Grund.
ウント イッヒ ザーク ディア アオホ デン グルント
Küssen, das geht auf keinen Fall alleine,
キュッセン ダス ゲート アウフ カイネン ファル アライネ
denn dazu brauch ich einen andern Mund.
デン ダツー ブラオホ イッヒ アイネン アンデルン ムント

キスは一人じゃ出来ない
君にそのわけを言うよ
キス、それはどんな場合でも一人じゃムリ
だからそのために僕には唇がもう一つ必要なんだ

Du bist grade hier,
ドゥ ビスト グラーデ ヒーア
wie wärs wenn ich mit dir,
ヴィー ヴェアス ヴェン イッヒ ミット ディア
die Sache mal probier,
ディー ザッヒェ マル プロビーア
küssen kann man nur zu zweit.
キュッセン カン マン ヌア ツー ツヴァイト

ちょうど君がここにいて
どんなふうだろう、君と一緒に
そのことを試すことが出来たら
キスならたった二人で出来る

Ich glaub, dass du Bescheid weißt,
イッヒ グラウプ ダス ドゥ ベシャイト ヴァイスト
die Lösung klappt zu zweit meist,
ディー レーズング クラップト ツー ツヴァイト マイスト
wenn man sich auf die Couch schmeißt,
ヴェン マン ジッヒ アウフ ディー カウチ シュマイスト
ist der Weg zum Kuss nicht weit.
イスト デア ヴェーク ツム クス ニヒト ヴァイト
Ich wär dazu bereit.
イッヒ ヴェア ダツー ベライト

僕は君が答えを知っていると思っている
二人ならたいてい解決するんだ
カウチにschmeißtしていたら
キスへの道は遠くない
僕なら準備は出来ているのにな

« 韓国ドラマ『魔王』第5,6話感想 | トップページ | ギュンター・グラス著『鈴蛙の呼び声』感想 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国ドラマ『魔王』第5,6話感想 | トップページ | ギュンター・グラス著『鈴蛙の呼び声』感想 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ