最近のトラックバック

« Kernschmelze炉心溶融 | トップページ | 無計画停電と衝動的な運休 »

韓国ドラマ『IRIS』第1.2話感想

地震、マグニチュード9.0に修正されましたね。
福島の原発、3号機も予断を許さない状況。
M7以上の余震の起きる確率は70%・・・。

こんな状況ではあるけれど『IRIS』に突入!

第1話。

ハンガリー。韓国の工作員ヒョンジュンに、北朝鮮最高人民委員長を暗殺する指令が下される。
無事任務を果たしたが、逃走のさいに重傷を負い、自力での脱出は不可能となってしまう。組織に支援を求めたが、見捨てられ孤立無援の状態になる。

1年前。
特殊任務隊の選り抜きの隊員であるヒョンジュンは、軍部からの命令で大学院へ通うが、講義で知り合った女子学生に一目惚れする。だが、彼女はある日突然姿を消し、ヒョンジュンは物思いに耽る日々を送る。
一方、ヒョンジュンの親友・サウは、地元の先輩であるサンヒョンからある女性を紹介されるが、なんと、彼女はヒョンジュンが一目惚れしたあの女性だった。

 そんなある日、ヒョンジュンとサウは見ず知らずの男たちに突如連行される。

『IRIS』、第1話をテレビで見ましたが吹き替えの声に違和感ありまくりだったので、途中で見るのやめました。
ヒョンジュンって1話現在、何歳くらいの設定なのかしら。20代前半?ビョンホンさん、相変わらずの肉体美を疲労しています(笑)。
サウと仲良くじゃれている姿がかわいいです。

北朝鮮側のクールビューティな女性工作員が気になります・・・。


第2話。

連れて行かれた先で、過酷なテストを受けることになったヒョンジュンとサウ。
テストに合格した2人は、国家安全局(NSS)の要員となる。

半年後、NSSに初出勤したヒョンジュンたちは、そこでサウの先輩サンヒョン、そしてあの女性と再会する。その人、優秀なプロファイラーにしてチーム長のスンヒが意図的に自分に接近していたことを知り、不快感をあらわにするヒョンジュン。上司として厳しく接してくるスンヒに、いきなりキスをする。そんなヒョンジュンにいつしかスンヒも・・・。

 ヒョンジュンとサウの初任務は、テロリスト"ヤマモトタカシ"の捜査だった。「標的は大統領選の候補者では?」とヒョンジュンは推理し、2人は有力候補チョ・ミョンホの命を助け、初仕事を成功させる。

後に、大統領官邸に招待されたヒョンジュンは、そこに掛かった絵を見て忘れていた幼い頃の記憶を思い出すのだが・・・。

ヒョンジュン、あんな愛くるしい天パの坊やだったのね。しかし大統領官邸に招かれる両親って何者?
スンヒが言ってたヒョンジュンの「過去の傷」が気になります。

スンヒ、日本語を喋っている!日本人テロリストにハニートラップを仕掛けていましたが、見敗られてボコボコにされてましたね。

« Kernschmelze炉心溶融 | トップページ | 無計画停電と衝動的な運休 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kernschmelze炉心溶融 | トップページ | 無計画停電と衝動的な運休 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ