最近のトラックバック

« DSDS(Deutschland sucht den Superstar) 2011 | トップページ | 韓国コスメ「スキンフード」:「ローズエッセンス」のリップバーム »

DVD『誰がため』感想

誰がため 【DVD】 誰がため 【DVD】

販売元:HMV 楽天市場ストア
楽天市場で詳細を確認する

実在のデンマークのレジスタンス2人組について、実話を元にして描いた作品。

1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク・コペンハーゲン。打倒ナチスを掲げる地下組織に属する23歳のベント(コードネーム「フラメン」)と33歳のヨーン(「シトロン」)の任務は、ナチスに協力する売国奴の暗殺だった。

フラメンは堅固な反ファシズム主義者で、純粋すぎるがゆえに使命感から戦うことしか選べなかった。一方、繊細で家族思いのシトロンは、ナチスやナチスに協力する同胞たちを憎んでいるが、殺人には抵抗を感じていた。
 ある日、地下組織のリーダー、ヴィンターからドイツ軍情報機関の将校2人の暗殺を命じられる。フラメンは、有能なドイツ軍大佐ギルバートと対峙するうちに違和感を覚え、暗殺をためらう。そしてもう1人のサイボルト中佐の暗殺に向かうが、相打ちとなり重傷を負う。これを機に、今まで直接手を下したことがなかったシトロンが立ち上がる。

ゲシュタポの報復が激化し、レジスタンスのメンバーが次々と拘禁・処刑されるようになる。ヴィンターはフラメンの恋人ケティが密告したと言い、暗殺を命じる。彼女はヴィンターの運び屋であるが、ゲシュタポのトップであるホフマンとも通じた二重スパイだというのだ。
フラメンがケティを問い詰めたところ、彼女は思わぬ事実を打ち明ける。ヴィンターはナチや裏切り者の暗殺に紛れ込ませ、自分に都合の悪い人間を2人に始末させていたのだという。無実の人を殺していたのかもしれないと苦悩する2人は、上層部からの命令を拒否するようになる。
さらにケティがホフマンといるところを目撃し、危険な立場に追い詰められたことに気づいた2人は、デンマーク史上最大の大量虐殺の首謀者であるホフマンの暗殺を決意する。


国のため、愛する家族のため、立ち上がった二人が、ヴィンターから利用されていたと気づいたとき、恋人に売られたかもしれないと疑惑を持ったとき、自分たちが何のために、誰のために戦うのか分からなくなる。

迷い、それは死を意味する。

いや~、最後が圧巻でしたね。結局は犬死だったのかどうなのか、スッキリしない終わり方ですが、でも現実ってそんなに割り切れるものではないしね・・・。

「フラメン」役のトゥーレ・リントハート、ダン・ブラウンの映画『天使と悪魔』で、ヴァチカンのスイスガードのシャルトラン役で出ていた人ですね。ちょっとイジワルそうな感じの。あの長身にコートをなびかせて歩く姿、とても目立つんですが・・・。賞金首なら目立たないようにしないとね(笑)。
ちなみに「フラメン」というのは「炎」という意味で、赤い髪から来ているんだとか。

「シトロン」も眼鏡に帽子が印象的。愛する妻と娘のために抵抗運動を始めたのに、そのせいで妻に去られてしまう皮肉・・・。

« DSDS(Deutschland sucht den Superstar) 2011 | トップページ | 韓国コスメ「スキンフード」:「ローズエッセンス」のリップバーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DSDS(Deutschland sucht den Superstar) 2011 | トップページ | 韓国コスメ「スキンフード」:「ローズエッセンス」のリップバーム »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ