最近のトラックバック

« ヴッパータール動物園でクヌートの弟妹が誕生! | トップページ | DVD『セラフィーヌの庭』感想 »

「クヌート2世」?スカンジナビア野生動物園生まれの「シークー」

デンマークにあるスカンジナビア野生動物園で生まれたホッキョクグマの赤ちゃん「シークーSIKU」が、とっても可愛いと話題になっています。

Siku_52_4


シークーは11月22日に同園で生まれましたが、母親「イルカ」が育児放棄したことから、人工哺育で育てられることになりました。男の子のようです。
園長が自宅で哺乳瓶でミルクをあげている動画などがネットで話題になり、それで世界中で注目を集めることとなったそうです。


「シークー」はグリーンランドの言葉で「海の氷」という意味。氷がなくてはホッキョクグマは生きていけない--この名をつけることで、動物園側は自然破壊に警鐘を鳴らしていこうとの考えのようです。この辺も、クヌートの生い立ちに似てますね。

動物園のサイトには、悶絶もののシークーの写真が山盛りにありますよ。

スカンジナビア野生動物園のシークーのページ:
http://www.skandinaviskdyrepark.dk/index.dsp?area=393

シークーのyoutubeの動画:


シークーのfacebookのページ
http://www.facebook.com/siku2011

« ヴッパータール動物園でクヌートの弟妹が誕生! | トップページ | DVD『セラフィーヌの庭』感想 »

クヌート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴッパータール動物園でクヌートの弟妹が誕生! | トップページ | DVD『セラフィーヌの庭』感想 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ