最近のトラックバック

« ジョナサン・リテル著『慈しみの女神』感想 | トップページ | m-soeur のアクセサリー・3個目 »

韓国映画『黒く濁る村』感想

【送料無料】黒く濁る村

【送料無料】黒く濁る村
価格:3,591円(税込、送料別)

 1978年ごろ。ベトナム戦争帰りのユ・モッキョンは敬虔なクリスチャンで、村の祈祷院で人望を得ていた。それを苦々しく思う院長に頼まれて、刑事チョン・ヨンドクは献金横領の罪を着せてユ・モッキョンを逮捕するが、彼の人柄に触れ考えを改め、「一緒に罪を犯したヤツラを更生させる場所をつくろう」と持ちかける。

  約30年後、息子のヘグクは父モッキョンの訃報の連絡を受け、疎遠だった父の葬儀のために村にやって来る。
父の死に疑問を持ったヘグクは村に留まることにするが、村人たちはそんなヘグクを歓迎しなかった。
 ヘグクは亡き父の部屋に残されたカセットテープを聞いて、村人ソンマンとソンギュが犯した罪を知る。父の家で隠し通路があるのを発見するが、それはソンマンの家に通じていた。ソンマンの部屋を調べている最中、ソンマンに見つかり腹を刺される。山に逃げるヘグクを追いつめたソンマンは、ヘグクが投げた石に当たって崖から転落、死亡する。
 
 ソンマンの葬儀の場でヘグクは村人ソンベに「すべてを話す」と言われて呼び出される。しかしそれは口実で、騙されたヘグクは柱に縛りつけられ殺されかけるが、村の雑貨店の女主人ヨンジに助けられる。ソンベは火事にまきこまれ焼死する。

 ヘグクが原因で左遷されられた検事のパク・ミヌクは、ヘグクの頼みで調査を始める。すると村長--かつてのチョ・ヨンドク刑事--が不動産をあくどく買いあさり、議員などに賄賂を贈っていることや、過去に祈祷院で信者27人全員が殺され、院長が自殺したとされる事件があったことがわかる。
 ヘグクに会いに村にやってきたパク検事を見て、村長の使い走りのドクチョンが村長の命令で汚れ仕事をやってきたことを白状する。翌日、ドクチョンは村長に呼び出される。

 死体で発見されたドクチョンの姿を見て、ヘグクは村長の家に行く。
 パク検事は撤収命令を無視して村に乗り込み、村長の贈賄の証拠書類を確保する。それを知った村長はピストル自殺をする。

 事件後、村を去ったヘグクは村を再訪する。山の上にある、今は亡き村長の家からヘグクを遠く見下ろすヨンジの姿を見て、ヘグクは父の死を知らせた電話の声がヨンジのものだったことに気づく。

父モッキョンの死は、結局自然死?自死?ちょっとよく分からなかったです。でもそれをわざわざヘグクに知らせたのはヨンジ。それは自分に代わって村長たちに審判を下してもらうためだったのでしょう。

ヨンジは10代のころ、村の若者たちに強姦されたが、ユ・モッキュンの頼みを聞いた村長たちが復讐してくれたことがあった。それ以来ユを慕いついてきたのだが、ユを目障りに思う村長たちに「ユを殺す」と脅され、夜な夜な彼らのなすがままになっていたのです。

村人の慰み者にされる生活に絶望して、ヨンジがモッキュンを死に至らしめた?そういうふうにも取れるラストでした。まさに、「事件の陰に女あり」ですな。

祈祷院の集団殺人の真相もよくわからなかった。村長が犯人らしいけど、動機がよく分からなくて・・・。ただ、「祈祷院に行けば、ユ先生に贈り物があったのに」と村長が言ってたけど、モッキュンのために殺した・・・ってこと?

全体としてモヤっとする映画でしたが、パク・ミヌク検事役の人(ユ・ジュンサン)、好みの顔だったわ~。自分を左遷させたヘグクに悪態をつきながらも、体の心配をしてやったりして優しいの。なかなかいい眼鏡男子だ。

« ジョナサン・リテル著『慈しみの女神』感想 | トップページ | m-soeur のアクセサリー・3個目 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョナサン・リテル著『慈しみの女神』感想 | トップページ | m-soeur のアクセサリー・3個目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ