最近のトラックバック

« クヌートの記念硬貨発売! | トップページ | クヌートの一周忌 »

DVD『英国王のスピーチ』感想

 


 幼い頃から吃音に悩む英国王ジョージ5世の次男、ヨーク公ジョージにとって、公務でのスピーチは苦痛でしかなかった。何人もの言語聴覚士から治療を受けたが、一向に改善しなかった。

ある日、妻のエリザベスはスピーチ矯正の専門家、ライオネル・ローグのもとへ夫を連れていく。ローグは、診察室では私たちは平等だと宣言、ヨーク公を「バーティ」と愛称で呼び、自分のことを「ライオネル」と呼ぶように伝える。いったんは「ローグの治療は自分には合わない」と治療を放棄したジョージだったが、しかしどうしても吃音を克服しなければならないと、再びローグを訪ね、その日から彼の指導のもとユニークなレッスンに励むのだった。ローグはジョージと話していく中で、彼の吃音が利き手やX脚の矯正など、抑圧された幼児期によるものだと気づく。

 1936 年、ジョージ5世が亡くなり長男のエドワード8世が即位する。しかしかねてからアメリカ人で離婚暦のあるウォリス・シンプソンと交際していたエドワードは、王位よりも恋を選び、1年もしないうちに退位する。
 ジョージは望まぬ座に就くが、ジョージはライオネルの助けを借り、戴冠式のスピーチは成功に終わる。
そんな中、ヒトラーの率いるナチスドイツと開戦。王は国民の心をひとつにするため、渾身のスピーチに挑む……。

これは実話をもとにした話だそうです。
実績は折り紙つきだけど、無名のオーストラリア人、言語療法の研修も受けていない、正式な免許も持っていない男がどんな経緯で王族の治療をすることになったのか・・・。(映画ではエリザベスが言語療養士協会の会長から紹介されて、ってことでしたが。)

クライマックスのスピーチも、決して流暢ではなかったけど、言葉一つ一つをかみ締めるような、真情にあふれるものでした。

私も口下手で人前で話すのは苦手です。話している自分の声を聞いているうちに余計アガッてしまうんですよ。ローグがジョージにヘッドフォンで大音量の音楽を聞かせながら音読させる、という治療を施していましたが、自分のことを意識しすぎるとよくないんだな~と思いました。

ローグ役のジェフリー・ラッシュがよかったです。『シャイン』の人ですよね。
スピーチが終わった後、ジョージの自信に満ちた顔を見て自分の役割が終わったことを悟る。そして王が「わが友よ」と呼ぶのとは反対に、「バーティ」ではなく「陛下」と呼びかけるところ、さみしさと安堵が入り混じったような表情が特に印象的だった。

スピーチの場面でバックに流れていた曲(ベートーヴェン交響曲第7番第2楽章)、『THE FALL 落下の王国』でも流れていましたね。

公式ホームページ:http://kingsspeech.gaga.ne.jp/


« クヌートの記念硬貨発売! | トップページ | クヌートの一周忌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クヌートの記念硬貨発売! | トップページ | クヌートの一周忌 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ