最近のトラックバック

« ダニエル・アラルコン著『ロスト・シティ・レディオ』感想 | トップページ | DVD『ヒトラーの審判 アイヒマン、最後の告白』感想 »

ケント・ナガノ・コンダクツ・ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」、「エグモント」&「ザ・ジェネラル(司令官)」感想

まだ、「運命」しか聴いていませんが。


いや、ちょっとびっくり。印象を一言で言うならば

クールで戦闘的な「運命」

まずテンポが速くて、「ぶつ切り」ってわけじゃないけどサクサクと進んでいく感じ。
すごく現代的な感じがする音だけど、解説によると、オケは当時の配置(ヴァイオリンが向かい合う配置)なのだそうです。(←あ、そういうのは関係ないのか?)

ベートーヴェンって、情熱的というかエモーショナルなイメージがあったんですが、指揮者によってイメージが変わりますね。

« ダニエル・アラルコン著『ロスト・シティ・レディオ』感想 | トップページ | DVD『ヒトラーの審判 アイヒマン、最後の告白』感想 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダニエル・アラルコン著『ロスト・シティ・レディオ』感想 | トップページ | DVD『ヒトラーの審判 アイヒマン、最後の告白』感想 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ