最近のトラックバック

« EURO2012開幕!で、ドイツ代表について | トップページ | EURO2012:ドイツ、1-0でポルトガルに勝利! »

DVD『ぼくのエリ 200歳の少女 』感想

人間の少年とヴァンパイア少女との「小さな恋のメロディ」と思いきや。


ストックホルム郊外に住むオスカーは、クラスメートのコンミたちからイジメを受ける苦痛な毎日を送っていた。そんなある日、隣に謎めいた少女が引っ越してくる。オスカーはその少女・エリに興味を抱く。

しかしエリはヴァンパイアだった。一緒に住む初老の男に人を襲わせたが失敗したため、自ら人を襲うが、その場面を人に見られてしまう。

日ごとに仲良くなっていくオスカーとエリ。2人は壁を隔ててモールス信号を送りあう。

「イジメっ子にやり返せ」というエリの言葉に励まされたオスカーは、ある日反撃に出てコンミに怪我をさせる。

しかしある日、オスカーが「血の契りをしよう」と差し出した血だらけの手を目にして、エリは本性を現してしまう。エリがヴァンパイアと気がついたオスカーだったが、今までどおりに振舞う。

恋人をエリに襲われた男が、エリを見つけ出し殺そうとするが、オスカーが男の気を逸らした隙に返り討ちにする。「もうここにはいられない」とエリはオスカーの前から姿を消すが・・・。

だいぶグロい(特にラストの方の場面で)けど、「ヴァンパイアの少女との儚い初恋」といったありがちな話だな、と思っていたのですが、感想を書くためにちょっと調べていたら衝撃の事実が。

エリは少女ではなくて、去勢された少年だった・・・。

「女の子じゃないから」っていうのは、人間じゃないから、って意味だと思っていたけどそうじゃなかったのか!喋り方もどこか女の子らしくなかったし・・・。

オスカーがエリの着替えをのぞくシーンがあって、エリの下腹部にボカシが入っていたけど、そこが物語のポイントなのになんでごまかすかな。まあ確かに日本で上映するのに、あの場所を大写しってわけにはいかないでしょうけど・・・。
まあ、普通に女の子のままでも話は通じるけど(ハリウッドのリメイク版はそうらしいですね)、深さと衝撃度が違うじゃん!ストーリー改竄レベルだわ。

ラスト、オスカーはエリとともに旅立つのだけど、あの初老の男もこうやってエリに魅せられてついていったのだろうか・・・。

邦題の「200歳の少女」となっているので、いつヴァンパイアになったかとかいきさつが語られるのかなと思ったが、そういうシーンはなかったです。原作読んでみるかな~。もっとホラーしているらしいですが。

« EURO2012開幕!で、ドイツ代表について | トップページ | EURO2012:ドイツ、1-0でポルトガルに勝利! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EURO2012開幕!で、ドイツ代表について | トップページ | EURO2012:ドイツ、1-0でポルトガルに勝利! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ